一般的なガンの治療

抗ガン剤

動脈塞栓術

ガンに通ずる動脈を塞いで兵糧攻めにし同時に抗ガン剤を注入する!

ガンも成長するには栄養と酸素が必要です。栄養と酸素は血液が運びます。そこで動脈塞栓術はガンに血液を供給する動脈を塞いで血流をストップさせながら抗ガン剤を注入します。いわばガンという城塞を兵糧攻めにしながら、攻撃部隊を侵攻させる作戦です。

動脈に差し込んだカテーテルを通じて、ゼラチン・スポンジなどの塞栓物質を注入し、動脈を詰まらせます。代表的なのは肝臓ガンに対する肝動脈塞栓術(TAE)です。カテーテルを大腿部の大腿動脈から挿入し肝動脈まで送り込みます。患者さんの体外からこのカテーテルを操作し抗ガン剤と塞栓物質を入れて肝動脈を塞ぎます。肝臓の正常な細胞は他の血管(門脈)からの血液で生存できます。

理論上はガンの部位に高い濃度の抗ガン剤を送り込み栄養と酸素をストップさせるが、周囲の正常細胞に影響がないわけではありません。



ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ