一般的なガンの治療

抗ガン剤

動注化学療法

ガンに通じる動脈を通して抗ガン剤を集中させる

動注化学療法はガンが病巣が一ヵ所に限局していて、この部位にのみ集中的に抗ガン剤を投与する方法。副作用の強い抗ガン剤をガンだけに投与することで、点滴などで全身に抗ガン剤を入れるのに比べ副作用を軽減できます。

ガンに血液を供給する動脈から直接、抗ガン剤を注入します。動注化学療法では一般的に抗ガン剤は静脈からの全身投与に比べ、数倍から数十倍の局所濃度が得られます。

最も多用されるのは肝臓ガンに対する動注化学療法です。肝動脈にカテーテルを差し込み抗ガン剤を注入します。持続的に投与する場合、カテーテルから注入する方法とリザーバーを体内に埋め込んでおく方法があります。

まだはっきりした延命効果は明らかではありませんが、症状の緩和などQOL(生活の質)改善目的で行われることもあります。ガンをターゲットにしますが、周辺の正常組織に対しダメージがまったくないわけではありません。



ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ