一般的なガンの治療

放射線

陽子線治療

代表的なガン粒子線治療
陽子線治療は、放射線療法の中でガンに対し粒子線を用いる治療の一つ。放射線は、光子線(電磁波、X線、ガンマ線)、電子線、粒子線に分類されます。さらに粒子線には、非荷電中性子線、荷電陽子線、重粒子線(重イオン線)、パイ中間子線などがあります。ガン治療には、中性子線、陽子線、重粒子線が用いられています。
 
粒子線治療の特徴は、ガンに集中的に照射できることです。これは粒子線の体内に入る深さが定まっているという性質を利用しています。従来、ガンの放射線治療で使われてきたX線、ガンマ線、電子線は、体表面で線量(放射線量)が最大になります。体表面から人体内部深くに入るにつれて、線量は減少していきます。

一方、粒子線は体内に入り込む深さ(飛程)が決まっています。さらに、飛程付近で急激に放射線を放出して止まります。(ブラッグ・ピーク現象)つまり、粒子線は一定の深さまでしか進まず、しかも、その到達点において最大の作用を発揮するのです。加速器によって粒子線の調整をすることで、ガンに照準を絞って効率よく照射することができます。粒子線治療が適するガンは、進行していない限局したガンです。ガン周辺に重要な臓器がある場合も、それを避けて照射することができます。
 
粒子線は原子核イオンビームです。ビームは光速の数分の一まで加速させたものです。もっとも軽い原子核のビームが陽子線です。
 
陽子線治療は、頭頸部ガン、頭蓋底ガン、眼球の腫瘍、肺ガン、肝臓ガン、前立腺ガンに試用されています。



ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ