HOME > 情報を集める > 一般的なガンの治療 > 放射線 > 外部照射法と密封小線源治療

一般的なガンの治療

放射線

外部照射法と密封小線源治療

ガン放射線治療の照射テクニック
ガンの放射線治療では、患者さんの体の外から放射線を照射する外部照射法と、放射線を出す器具を体内に挿入して照射する密封小線源治療があります。
 
【外部照射】
 
ガン放射線治療の外部照射に使われる機器は、放射線源にコバルトを使うもの、電子を超高圧で加速して超高エネルギーX線を発生させるリニアック、マイクロトロン、ベータトロン、他にはガンマ線、電子線を発生させる機器があります。これらの機器の開発により、体の深いところにあるガンに放射線が届くようになり、ガン放射線治療の成績が向上しました。
 
【密封小線源治療】
 
ガン密封小線源治療では、ラジウム、コバルト、セシウム、イリジウム、金、ヨードなどの放射線同位元素を管、針、ワイヤー、粒状などの容器に密封した形で、放射線源にして使います。これらをガンの近くに挿入し照射することで、ガン細胞に集中して効率よく放射線が照射できます。
 
口腔ガン、舌ガン、乳ガン、前立腺ガンでは、放射線源をガンと周辺組織に直接挿入します(組織内照射)。食道ガン、子宮頚ガン、肺ガンでは、食道、子宮頚部、肺の腔内の適当な部位にチューブを取り付け、そこに放射線源を挿入します。
 
一般的に、小さなガンに対して有効で、治療効果が高く、かつ副作用が少なく抑えられるメリットがあります。放射線の強さにより、1日~1週間程度治療する方法(低線量率治療)と、数分の治療を繰り返す方法(高線量率治療)があります。



ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ