HOME > 情報を集める > 一般的なガンの治療 > 放射線 > トモセラピー(TomoTherapy)

一般的なガンの治療

放射線

トモセラピー(TomoTherapy)

強度変調放射線治療(IMRT)の新兵器!

体外から放射線を照射するガン治療は、いわばガン細胞を焼き殺す療法です。従って患者さんの副作用防止には、ガン細胞だけをターゲットにして正常な組織には放射線が当たらないのが理想です。しかし一般的な放射線ガン治療は、均一に放射線を照射するため、ガン周囲の正常な組織にも影響してしまいます。強度変調放射線治療(IMRT)は、放射線の当たる強度を細かく調整することで正常組織のダメージを少なくする治療方法です。

トモセラピーは、強度変調放射線治療(IMRT)のための最新医療機器です。CT検査(コンピューター断層撮影)装置に似た形で、放射線を発する装置が体の周りをぐるりと360度回転します。コンピューター制御によって回転しながら、照射範囲と照射線量を変化させます。このシステムによって極力ガン患部に放射線を集中させることができます。

1回の照射時間は10~20分程度。少しづつ当てると治療日数がかかりますが、体調が良ければ通院治療も可能です。前立腺ガンの治療例が多いですが、他に脳腫瘍、咽頭ガン、喉頭ガンなどの頭頸部のガン、直腸ガン、肺ガン、骨転移などが対象です。(トモセラピー治療の対象となるガンについては各医療機関にお問い合わせください)

トモセラピーは効率のよい放射線治療ですが、まったく副作用がでないわけではありません。照射部位によっては、頭痛や下痢などが発現する場合もあります。また、体力がある患者さんのほうが条件的には適しています。


◆トモセラピー設置医療機関はこちらで確認できます!(2013年3月現在)







ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ