HOME > 情報を集める > 一般的なガンの治療 > 内視鏡的治療 > 内視鏡的粘膜切除術(EMR)

一般的なガンの治療

内視鏡的治療

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

早期の胃ガン、大腸ガンに効果的
内視鏡的粘膜切除術(EMR:Endoscopic mucosal resection)は、胃や大腸などの早期消化管ガン治療の第一選択になってきています。ガンの性質が悪質でなく、病変も深くなく、リンパ節転移のないガンが対象になります。日本胃癌学会が定める治療ガイドラインによると、次のような胃ガンが内視鏡的粘膜切除術が適用になると規定しています。
 
1.リンパ節転移がない
2.ガンが粘膜内に限られている
3.分化型腺ガンである
4.ガン内部に潰瘍を併発していない
5.ガンの大きさが2cm以下
 
一般的な外科回復手術に比べ、所要時間も短く(通常1時間以内)、全身麻酔も必要ないので患者さんへの負担が軽くすみます。
内視鏡を使った器具はポリペクトミーと同じですが、ガンを取り除きやすいように、止血剤入りの生理食塩水を使います。
 
【内視鏡的粘膜切除術の手順】
 
1.ガン病巣部の下に生理食塩水を注入しガン病巣を隆起させる
2.内視鏡先端のスネア(鉗子)をガンにひっかける
3.スネアに通電する
4.ガンを切除し回収する
 
大腸ガンの場合も、対象はガンが粘膜に限局しリンパ節転移のない早期大腸ガンです。
 
ガンがやや大きい場合は、一度に切除するのではなく、切り刻んで分割切除する方法もとられます。また、スネアの代わりにITナイフを用いての切除は、今まで以上に大きいガンに対処できます。
(内視鏡的粘膜下層剥離術 参照)


ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ