HOME > 情報を集める > 一般的なガンの治療 > 内視鏡的治療 > 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

一般的なガンの治療

内視鏡的治療

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

ITナイフでガンを切除する
内視鏡的粘膜切除術(EMR)を改良進化させた、内視鏡的療法です。原理は内視鏡的粘膜切除術(EMR)と同じですが、スネア(鉗子)ではなく、ITナイフ(針状の高周波メス)を使ってガンを切除します。ガンに直接触れず数ミリ離したところから、高周波で粘膜を剥ぎ取る方法です。
 
内視鏡的粘膜下層剥離術は、大きなガンも分割せずに一括で剥ぎ取ることが可能です。従来の内視鏡的粘膜切除術(EMR)に比べ、高度の技術を要するので、手術時間は長くなります。


ガン克服テキスト

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ