一般的なガンの治療

内視鏡的治療

腹腔鏡治療

腹部や泌尿器のガンを開腹せず取り除く
体腔鏡手術の一つ。主に早期の胃ガン、大腸ガン、一部泌尿器系でも利用されています。
 
腹部に小さい穴(ポート)を数箇所開け、腹腔鏡や手術器具を挿入して、映像モニターを見ながらガンを切除します。開腹手術に比べ患者さんへの負担が少ないので、手術後の開腹も早く、入院日数も少なくてすみます。一方、手術技術には熟練を要します。映像モニターを見ながらの手術なので、開腹手術より長時間に及ぶことも少なくありません。また操作を誤って周辺組織を傷つけると、腹膜炎などを起こしてしまうリスクもあります。通常の手術より合併症が多いという指摘もあります。
 
医師の腹腔鏡手術技能の向上と、治療成績の検証は今後の課題でもあります。腹腔鏡手術はできれば年100例以上の実績がある病院で受けたいものです。


ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ