一般的なガンの治療

その他の治療

ウイルス療法

病気を起こす原因も使いようによってはガンに効く!
先進的なガン治療の一つに、ウイルス療法があります。ウイルスは様々な病気を引き起こす原因ですが、上手に利用するとガンを効率よく攻撃できます。細胞を殺傷する能力のあるアデノウイルスやヘルペスウイルスをガン細胞にだけ選んで感染させる治療法です。
 
この際、ウイルスを人工的に改良します。一つは、遺伝子技術でウイルスがガン細胞だけに感染するよう改良する。もう一つは、遺伝子技術でウイルスがガン細胞でのみ活性化(転写)されるように改良する。このような改良技術は、はウイルス遺伝子を組み換える遺伝子工学の進歩とともに可能になってきました。
 
他にも、ガン細胞への従来の抗ガン剤の反応を高める遺伝子をウイルスに組み込ませる、ガン細胞の中で無害な化学物質を強い毒性を持ったものに変化させる酵素を作り出す遺伝子をウイルスに組み込ませる、といった組み換え方法も考案されています。これらは、ウイルスベクター的な使い方(ベクターは遺伝子を細胞へ効率よく導入するための運び屋)といえます。
 
一方、ウイルスそのものの殺細胞作用をガン治療に応用するため、腫瘍溶解性ウイルスをガン細胞に感染させるウイルス療法が、国家レベルのプロジェクトになっています。腫瘍溶解性ウイルスは、遺伝子組み換えによりガン細胞だけに感染し、さらにガン細胞内でのみ複製増殖されるように改良されています。腫瘍溶解性ウイルスはガン細胞に感染すると、ガン細胞内で増殖して直接ガン細胞を破壊します。さらに腫瘍溶解性ウイルスは周辺のガン細胞にも新たに感染し、ガンを縮小させます。
 
いかに効率よくガン細胞のみを殺傷し、正常細胞には無害であるようなウイルスを遺伝子工学によって作り出すかが、今日盛んに研究開発されています。
 
現在、HF10、Rexin-G、テロメライシン、アデノウイルスベクター、Adrexin、Gendicineなどが国内外で動物およびヒトで臨床段階に入っています。

◆関連記事◆
「細胞蘇生特攻タンパク療法(CDC6治療)」



ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ