一般的なガンの治療

ゲノム医療

ドライバー遺伝子

ガンの発生、増殖に直接的な原因として関与する遺伝子
ガンの発生、増殖に直接的な原因として関与する遺伝子を「ドライバー遺伝子」と呼びます。ガン化は、複数の遺伝子の変異によって生じる「多段階発ガン」と理解されています。また、ガン化するような組織はゲノム(遺伝情報)の変異が生じやすい状態になっているといわれ(ゲノム不安定性)、様々な遺伝子変異が起こります。ガン化する前、もしくはガン化後に起こったものながら、いずれもガン化とは直接には関係ない遺伝子変異もあります。(パッセンジャー遺伝子)

ドライバー遺伝子を特定できると、それをターゲットにした薬剤(分子標的薬)で治療することができます。肺ガン、大腸ガン、乳ガンではドライバー遺伝子を標的にした治療ケースが増えてきています。ただし現状では、複数の遺伝子異常が原因となる症例のほうが多く、ドライバー遺伝子を特定しずらいガン種もあり、適応となるのは一部の患者さんです。


【関連記事】
◆プレシジョン・メディシン(精密医療)







◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

ページトップへ