HOME > 情報を集める > 無料レポート > 無料レポート > 非常識な抗ガン剤の使い方で長生きできる(休眠療法)

無料レポート

データ2008年01月11日
 

非常識な抗ガン剤の使い方で長生きできる(休眠療法)

~ちょっとだけ抗ガン剤+免疫力~(休眠療法)

これからお伝えしようとするのは、正規の病院での「標準的な抗ガン剤治療」からすると、ハシにもボウにもかからない、“効かない”抗ガン剤の使い方(?)です。

しかしながら、現実には余命を宣告されたようなガン患者さんが、『非常識』な抗ガン剤の使い方と免疫力によって、苦しいおもいをせずに生きながらえているケースがあることを、ご存知でしょうか? 少々専門用語もでてきますが、極力やさしい表現でレポートします。

■ガンの誤解
ガン=死、は早計!

ガンは早く手術(切り取る)、抗ガン剤(毒殺)、放射線(焼き殺す)で取り除かないと、患者はすぐに死んでしまう。このイメージは、ほとんどのガンには当てはまりません。ガンがあるだけでは死にません。ガンが大きくなって、生命活動にかかわる重要な内臓の働きを妨げることによって死ぬのです。しかも、一部のガンを除いて、大きくなるスピードは一般の方が考えているよりゆっくりです。(ただし、ある程度進行したガンは、その増殖スピードが加速し一気に拡がるケースはあります)

みなさん、意外にこの事実をご存じない。
(一般的に、病院で主治医はそんな説明はしませんから)それより、ガンは死に直結する病気という想いが先にたち、とにかく一刻も早く治療を終えて、ガンの恐怖から解放されたいと思う。

早期のガンなら、手術や比較的簡単な措置で「はい終わり」で済みます。しかし、そこそこの大きさのガンは、そう簡単にはいきません。そこで、抗ガン剤や放射線を用いて、なんとかガンを消そう、小さくしようとやっきになる。副作用に耐えながら、必死に治療する。すると、一時的にガンが小さくなることもあります。ところが、全身に作用する抗ガン剤の副作用で、免疫力が低下してしまえば、またぞろガンが頭をもたげてくる。細胞を殺す効果のある強い抗ガン剤を、ずっと使い続けるわけにはいきません。強い抗ガン剤で体力を消耗したとしたら、抗ガン剤を止めた途端、増殖するガンに対してほとんど無抵抗の状態になってしまいます。

■ガンがあっても生きていける
そこで、もう一度冷静に考えてみましょう。

ガンがあるだけでは死にません。

あなたが体の中にガンを抱えていながらも、いま生きて日常生活が送れているとします。ということは、ガン細胞が今の大きさのままで止まってくれれば、まさにその生活ができるわけです。健康な人と比べれば、多少不都合はあるかもしれません。しかし、ガンが今の状態で増殖(増える・大きくなる)活動を中止すれば、今と同じ生活ができます。
 
では、その状態を保つにはどうしたらいいか?
 
その一つの方法が、
《ちょっとだけ抗ガン剤+免疫力》です。

■抗ガン剤が「効く」とは?
ではまず、抗ガン剤の復習です。(参照 ガンの辞典無料レポート「抗ガン剤治療を迷ったら」)抗ガン剤は、ガンが小さくなること、消えることが「効果」として認定される条件です。抗ガン剤の効果は、「奏効率(そうこうりつ)」で表されます。

《著効(CR=完全寛解=かんぜんかんかい)》
腫瘍(ガン)が消失し、それが4週間以上持続するもの
 
《有効(PR=部分寛解=ぶぶんかんかい)》
腫瘍が50%以上縮小し、それが4週間以上持続するもの
 
《不変(NC)》
腫瘍の大きさの変化がPRに満たないか、不変の状態が4週間以上持続するもの
 
《悪化(PD)》
腫瘍の増大や新たな病変が見られた場合

医師が「この抗ガン剤の効果は○○%です」というのは、《著効》と《有効》がどのくらいあるかというデータに基づいています。

問題なのは、上記の奏効率の「期間」を見てもらえばわかるように、ガンが消失したり小さくなる期間が「4週間以上」なら、著効・有効と判定されてしまうことです。つまり、もし4週間効果があった後、5週目でまたもとの大きさに戻ったとしても、それは「効果があった」という評価になってしまうのです。

このような効果判定のもとに認められた抗ガン剤を、各ガン学会(胃癌学会、大腸癌学会、肺癌学会など)が定めた「標準的治療」に基づき、医師は患者さんに使うわけです。

しかし、こう言うとみなさん驚かれるでしょうが、抗ガン剤治療によってガンが小さくなることと、よい状態で長く生きられることは必ずしも一致しません。その理由は次のとおりです。

ガンが小さくなることを目的に抗ガン剤を使うと、ガン細胞を殺すための最大量を投与しようとします。抗ガン剤は、抗ガン剤が効いてガンが一時的に小さくなったとしても、抗ガン剤が効かなかったとしても、患者さんの体への負担からずっと続けるわけにはいきません。ところが抗ガン剤を使っている間に、ガン細胞の増殖を阻止する免疫細胞が弱ってしまうと、抗ガン剤を止めた途端に、ガン細胞の増殖は活発になってしまいます。これが、標準的な抗ガン剤使用によって、ガンの縮小効果とよい状態での生存が比例しない原因と考えられています。

■ガンを持っていても元気な人は免疫力が高い
ガンを持っていても元気な人、それは十分な数の免疫細胞が活性した状態で働いていることが必須条件です。手術・抗ガン剤・放射
線という現代医学の標準的なガン治療を行った人でも、ガンの自然退縮を成し遂げた人でも、ガンと共存している人でも、高い免疫力という条件なしではそれらは不可能です。
 
実際に、体内にガン細胞が存在しながらも日常生活を元気に送っている人の血液を調べてみると、免疫細胞は高い数値を示すそうです。

■ガン細胞を殲滅しなくても、ガン細胞にちょっかいを出す程度の抗ガン剤でいい
しかしながら、ガンが進行していくほど、免疫力は低下します。また、ガンは免疫細胞をかく乱する物質や、おとりを出して、免疫細胞の目をごまかします。たとえ免疫細胞が量・質ともに充実していても、ガン細胞を「敵」として認識できなければ、攻撃をしかけることができません。
 
そこで、「アポトーシス」で述べたように、ガン細胞を叩きのめせなくても、傷つけることで細胞変性や壊死(ネクローシス)、炎症的な反応が生じれば、免疫細胞が化けの皮のはがれたガン細胞を見つけ、攻撃することができます。その化けの皮をはがす仕事を、副作用が出ない程度の少量の抗ガン剤にやってもらうわけです。

免疫細胞の攻撃力もまんざらばかにできたものでなく、集中攻撃できれば自然退縮も可能です。完全な自然退縮が無理でも、ガン細胞の増殖を抑え込み、ガンの大きさが変わらなければ、今の状態の身体機能を維持できるのです。

■《ちょっとだけ抗ガン剤+免疫力》で苦しまずに長生き
常識では効いたと認められない少量の抗ガン剤と、患者さん自身の免疫力で、ガンの大きさは変わらないにしても、ガンの増殖・進行を抑制する。それによって、副作用に苦しまず、体力を消耗せず、免疫力を落とさず、日常生活を送り長生きする。苦しまずに良い状態で寿命をまっとうする。これが《ちょっとだけ抗ガン剤+免疫力》のメリットです。

詳しくは、下記の書籍をお読みになるといいでしょう。

「決定版 がん休眠療法」(高橋豊 講談社+α新書)


「間違いだらけの抗ガン剤治療」(梅澤充 ベスト新書)

このなかで報告されている実例を簡単に紹介すると、
●膵臓ガンの肝臓転移
●肺ガンの再発
●乳ガン再発肝臓転移
●乳ガン肺転移
など通常では余命数ヶ月と宣告されるようなケースでも生存期間があきらかに延長されています。

私がご相談を受けた方でも、医師の宣告より長生きできている方は、抗ガン剤を止めたか、もしくはあまり強くない抗ガン剤を使いながら、サプリメント・漢方・薬草などで体力・免疫力をしっかりさせていた方々です。その人たちは、ご自分の好きなライフスタイルを維持することができていました。

個々の抗ガン剤の使い方・量に関しては専門の医師の判断が必要になります(もっとも少量の抗ガン剤投与に理解を示す医師に出会うのは容易ではありませんが)。ひとつの目安は、副作用とくに食欲・下痢など消化器系のものと、免疫力を低下させないことがポイントになりそうです。また、早期以外のガンの場合は、免疫力を上げるサポートとして、適切なサプリメント(補助食品)を用いることで対応できます。ガンの進行:度ステージⅡ以上なら、なんらかのサプリメントが必要と説く医師もいます。

サプリメントを利用する際は、しっかりした裏づけがあり、価格も適切なものを選んでください。価格が高ければよく効くということはありません。品質、製造過程も確認のとれているものが望ましいですね。

ページトップへ