親身に相談にのってくれる医師・薬局・治療院

医師

小西統合医療内科 大阪市北区

病気という川の流れの上流を探検する!
川の流れに例えると、病気という現象が発生しているのは下流である。いくら下流で対症治療しても、病気の原因となる中流や上流が変わらなければ、根本的な解決にはならない。だから患者さんが中流、上流を探検できる場をつくろう! という理念で小西康弘先生が開院されたクリニックです。(オープンは2013年5月)

小西統合医療内科 小西康弘先生
地下鉄御堂筋線 中津駅下車すぐにクリニックはあります

小西統合医療内科 
患者さん説明用の資料を使ってインタヴューに答えてくださる小西康弘先生



病気発生を一つの流れでとらえると、人が置かれている環境、生活習慣、加齢という日常の中から次のようなプロセスが考えられます。

【上流:心身のストレス】

【中流:自己治癒力の低下】

【下流:生活習慣病やガンなどの慢性疾患】


小西統合医療内科 小西康弘先生
病気の流れのプロセスの図



「下流で見られる明らかな水の汚れは、中流や上流で発生している濁りに起因する。その発生源に遡って改善しなければ、下流の汚れだけをすくっても繰り返し水は汚れる」というのが小西先生の考え。西洋医学は、下流での緊急性のある場合、急性疾患、事故による外傷などにはたいへん有効である。しかし中流や下流へのアプローチには事足りない。そこで小西先生は、長年、中流や下流の濁りを改善できる客観的で再現性のある手法を研究し、臨床で使えるようマスターされたのです。

中流に対するアプローチとしては分子栄養学、機能性医学、還元電子治療、漢方医学などを導入されています。科学的な検証が可能で分子レベルでの人体機能を改善する分子栄養学、機能性医学。細胞内の環境を改善する還元電子治療。人全体を伝統的な中国医学の物差しで測り歪みを正す漢方。これらによって自己治癒力の回復を図ります。

小西統合医療内科 小西康弘先生
細胞レベル、分子レベルでバランスを回復すれば自己治癒力は発揮される



小西統合医療内科 小西康弘先生
中流へのアプローチの一つ、還元電子治療(細胞に電子を補充する)



上流に対するアプローチとしては、カウンセリング、シータヒーリングサイモントン療法を導入されています。この点に関し小西先生は次のように語っています。

小西統合医療内科 小西康弘先生
潜在意識の思い込みは生活習慣にも反映されます



「標準治療で治った人、それ以外の様々な方法で治った人がいるという現状を踏まえれば、ガンが治るか治らないかは治療法の差ではない。治療法の良し悪しを論ずるより、実際に治った人たちの共通点に注目すべきだと思うのです。すると、どの治療法でも治った人と治らなかった人の差には自然と“意識”というテーマがクローズアップされてきます」

「本人も気づかないような潜在意識の奥深くに押し込められた“思い込み”ほど強大な爆発力を持っています。それだけにその思い込みが潜在意識の上の方に浮上してきて本人が気づくと、大きな変化が生じる可能性があります。ひとつの例ですが、自分が病気でいることで周囲から愛されるという思い込みを持っていると、知らず知らずのうちに治ることを拒んでしまう。治る見込みのある治療法を提示されても受けたがらず、治らない治療法を選択するというようなことをしてしまうのです」

もし、ガンを発生させているような思い込み、ガンが治ることを妨げているような思い込みが存在するならば、本人がそれに気づくだけでも治癒や生き方が楽になるのです。小西先生は、患者さんがご自身の病を発生させた上流を探検する際のナビゲーター役になっておられます。


小西統合医療内科 小西康弘先生
院内のカウンセリングルーム



◆病気という川の流れ・・・下流・中流・上流のことがよくわかる小西先生の著書
「自己治癒力を高める医療」




◆小西統合医療内科の公式サイトはこちら!


*2014年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトもしくはお電話でご確認ください。











ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ