HOME > 無料電話相談

無料電話相談

無料電話相談

ガンを克服するためにたいせつなこと・・・

『正しい療法・養生を適切なタイミングで活用した』
『不必要なことはやらない』

手術を例にとってみましょう。
手術が有効な時に、手術でガンを取り除くのは、『正しい療法・養生を適切なタイミングで活用した』ことになりますね。

ところが、ガンが進行しあちこちに広がってしまったり、高齢などで体力が低下している場合に、いちかばちかの手術をするのは、『不必要なこと』です。
下手をすると、かえって寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

民間療法や漢方、健康食品なら体にやさしいから、患者さんがどんな状態でも使える・・・というのも大間違い。

血管新生抑制効果があるとされるサメ軟骨製品やサメ脂質製品は、手術直後に飲むと手術のキズの治りが遅くなります。
また、ショウガ汁などを皮膚に当てて発汗させる民間の温熱療法も、体力が衰えている人が長時間やると、体が消耗してしまいます。

それには、正しい知識を入手しなければなりませんが、最近では「情報が多すぎて迷ってしまう」というケースも多々みられます。
ガンであることが周囲に知れると、好意ではあるものの、様々な情報が耳に入れられます。
しかし、ある人に良かったことが、異なる状況のガンを患っている別の人に、当てはまるとは限りません。
ガンはどれも同じではありません。
ガンの種類やガンの進み具合だけではなく、患者さんの体質、体力、日常生活の程度、性格、気持ちの持ち様なども考慮しなければなりません。

ガンと判った場合多くの方が、「ガンといえば生死にかかわる大問題」と考えます。
まして、お医者さんから「厳しい状況である」と告げられればなおさらです。
このような時の人間の心理は、パニックになったり、不安や心配、落ち込みなどで、正常に思考ができなくなってしまいます。
『正しい療法・養生』『適切なタイミング』『不必要なことかどうか』といった重要な判断材料が、ごちゃごちゃになってしまいがちです。
何を信じていいやら・・・。

そこで、じっくり話をするとバラバラだったパズルのピースがひとつの輪郭を表します。

電話で話すだけでもこんなメリットが生まれます。

  • 不安や心配がありながらも冷静になることができる
  • 頭の中を整理することができる
  • いらない情報を捨てることができる
  • 価値のある情報が入手できる
  • 今やるべきことがはっきりする
  • 行動を起こしやすくなる
  • 不安が減り希望が持てる

無料電話相談された方からはこのような声が寄せられています。

  • 「とにかく焦る気持ちや漠然とした不安がやわらいだ」
  • 「なんとなく自分でもこうしたほうがいいかなと漠然と考えていたことに自信が持てた」
  • 「できること、できないことの整理がついた」
  • 「先のことをあれこれ心配していたが、今やるべきことが明確になった」
  • 「病院の治療と補助的に行う民間療法のことが参考になった」
  • 「漢方や薬草、健康食品の選び方、使い方の目安がわかった」

ガンを克服するためには、受身的に治療を受けるだけでは上手くいかない。
これだけは今までの経験から言い切ることができます。
あなたやあなたの大切な方が、ガン克服の旅を歩まれる。
歩まれるのはあなたがたですが、この無料電話相談がそのガイドとしてお役に立てばうれしく思います。

ガンの辞典 編集長 小澤康敏

対象となる方

患者さんご本人、またはご家族の方。

ご予約申し込み方法

無料電話相談のご予約申し込みは、下記の日程を確認した上で、本ページの最後にあるご予約フォームまたは専用電話(TEL:052-753-6533)にてご予約ください。

 

平日午前10時~午後5時(土曜・日曜・祝祭日はお休み)
お一人30分。
ご希望の時間を下記フォームより事前にお知らせください。調整して折り返しご連絡します。
必ず事前予約をしてください(3日前、土日祝日をはさむ場合は5日前より)

 
*印は必須項目です。
氏名*
(例: 小澤 康敏)
電話番号*
半角英数字 (例: 052-753-6533)
FAX
半角英数字 (例: 052-753-6533)
メールアドレス*
半角英数字 (例: info@gan-jiten.com)
メールアドレス(確認用)*
半角英数字 (例: info@gan-jiten.com)
ご希望日時*
例: 8月20日(土) 午後2時~4時
ご相談内容*
無料のニュースレターを購読する