HOME > テキスト購入 > ガンを克服するために役立つテキスト > もったいないケース~治るチャンスを手放さないで!(1,300円)

テキスト購入

ガンを克服するために役立つテキスト

テキストナンバー2
もったいないケース~治るチャンスを手放さないで!(1,300円)
image1
治す道に潜む大きな落とし穴とは?
(新着!! 2016年12月15日初版)


もったいないケース~治るチャンスを手放さないで!


ガン医療の現場では、〈標準的な顛末〉とならなかった患者さんについて、詳しく検証されることはほとんどありません。

そこには、「ガンだから仕方ない」という深層があるように思います。

誰でも、都合の悪い事には目をつむりたいし、触れたくない。多忙極まりない日々の診療においては、ひとつひとつを十分検証する時間もないでしょう。

治療に携わる医師、各種の療法に携わる方は、それを生業としています。治ったサバイバーさんの中には、出版、講演、相談で報酬を得る人もいます。みなさん、立場上、治る情報を発信されます。また、それを多くの患者さん、ご家族から求められます。 

そして、ある療法のシンパになる人たちは、いずれも提供された療法でよい結果が得られた患者さん達です。一体験として、治った情報が口コミで伝わります。

でもその陰には、多くの治らなかった人たちがいるのが現実です。その人たちが有する情報は、意味がないのか? 無視していいのか? 読み取らなくていいのか? 捨て去っていいのか?・・・

ならば、私のような医師でも体験者でもないニュートラルな立場の者が、ご縁のあった患者さんたちが身をもって示してくれたこと、遺してくれたことを整理し、レポートしてみようと思いました。
 


『もったいないケース~治るチャンスを手放さないで!』は、こんな思いで作りました!!

ガンを治そうとするにあたり、患者さんは「ガンの治し方」「治療法」「治った人の闘病記・体験記」にアクセスします。至極当然なことです。それらのニーズに応えるように、書籍、webサイト、ブログ等の情報が多数あります。

「エビデンスのある治療を受ける」
「治った人の手法に倣う」
「劇的な事例を踏襲する」

それらは、前向きで、プラス思考で、ポジティブな姿勢です。

しかしながら、万人に、どの人の病状にも、均しく有効な手法はありません。“他者の治った道”が、そのまま“あなたにとっての治る道”とは限りません。それにもかかわらず、その道をただ闇雲に前進するなら、時として大きな穴に落ちたり、本来のあなたの歩む道から逸脱し、遭難してしまう危険があるのです。

ガン患者さんが、治るために為された様々な努力、取り組みを、私はリスペクトします。たとえ、万策尽きて人生の終焉を迎えたとしても、ひとつの人生の終わりは誰にでも必ず来るのですから、どのような過程・結果であれ、すべての人が天寿を全うしたと思いたい。

ただ、今まで関わらせてもらったガン患者さんの中には、もどかしさを感じざるを得ない事例があるのも、事実です。

◆治るチャンスはあったのではないか?
◆死を早めてしまったのではないか?
◆やりたいことをやり遂げられたのではないか?
◆もっと良い状態で、最期を迎えることができたのではないか?

それらは、「もったいないケース」と言えるのかもしれません。

どんなことが、「もったいない」のか? このテキストで、ご確認ください!

もったいないケース~治るチャンスを手放さないで!



【目次】

まえがき
プロローグ ガンだから仕方ない!でいいのか?
第1章    過剰に治療してしまう人たち
第2章    偏った療法に陥る人たち
第3章    タイプ別もったいない
第4章    ガン克服体験者との対談
松本昌子さん(乳ガン・リウマチ)
塩本邦夫さん(大腸ガン・肝臓転移)
工藤房美さん(子宮頸ガン 肺・肝臓・腸骨転移)
エピローグ 生きる覚悟



95頁 1冊1,300円(送料・振込手数料込み)

◆テキストナンバー1の「ガン克服のための3つの物差し」(1,200円)と同時申し込みの場合、セット価格として2冊合計2,300円(送料・振込手数料込み)

◆テキストナンバー3の「ガン克服のための3つの物差し 実践テキスト」(6,000円)と同時申し込みの場合、セット価格として2冊合計6,700円(送料・振込手数料込み)

◆テキストナンバー1、3と同時申し込みの場合、セット価格として3冊合計7,800円(送料・振込手数料込み)


テキストナンバー2
もったいないケース~治るチャンスを手放さないで!(1,300円)
このテキストを購入する
ページトップへ