困った時の様々なガン療法

免疫療法

樹状細胞療法

ガン細胞を狙い撃ちできるように、ガンを攻撃する免疫細胞に
ガンの特徴を教え込む!
新世代の免疫療法と注目されている。

ガンの目印を免疫細胞に覚え込ませるにあたり、樹状細胞(じゅじょうさいぼう)を利用した方法。特異的免疫療法の一種です。

樹状細胞は異物の特徴を、特定のターゲットを狙い撃ちできる獲得免疫の担当細胞に伝える能力に長けています。樹状細胞自体がガンを攻撃するわけではありませんが、ガンを攻撃する免疫細胞に敵のの情報を教え込む教官としては優秀なのです。樹状細胞療法は、患者さん自身の樹状細胞を取り出し体外でガンの情報を覚えさせ、再度体内に戻し獲得免疫細胞に覚えたがんの情報伝えることで、的を絞った攻撃をさせます。活性化リンパ球療法が体外でガンを攻撃する免疫細胞を育てるのに対し、樹状細胞療法は体外でレベルの高い教官を育て、体内に戻った教官が免疫細胞に攻撃の仕方を教え込む、というイメージがわかりやすいでしょう。

このように理に適った方法ではあるものの、血液中の樹状細胞は数が少ないので、増殖するがんに対抗できるかどうかが問題でした。研究の結果、血液中の単球から樹状細胞に分化させる技術によって、体外で樹状細胞を増やすことに成功しました。この技術により、ガン樹状細胞療法が可能になったのです。




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ