困った時の様々なガン療法

免疫療法

サイトカイン療法

サイトカインは免疫細胞同士のコミュニケーションツール

サイトカイン」は、各免疫細胞間の伝達物質で、免疫反応を調節したり、免疫細胞を増やしたり活性化させる働きがあります。サイトカインというBRM(免疫賦活療法)の範疇にも入れることができるタンパク質を患者さんの体内に投与する非特異的免疫療法・能動的免疫療法です。

ガン治療に用いられる代表的なサイトカインは、インターフェロン(IFN)、インターロイキン(IL)です。NK細胞の活性作用、Tリンパ球の増殖、活性作用があります。リンパ球がインターフェロンやインターロイキンを分泌することで、免疫活動が開始されます。

サイトカインは人体から抽出・精製されますが、遺伝子技術でも作られるようになりました。使用方法、副作用の課題は現在も継続的に研究されています。ただし、免疫系はネットワークのように各免疫細胞やサイトカインが相互に関連し合っています。人工的に特定のサイトカインだけを体内に入れることで、免疫ネットワークのバランスが乱れることがあります。これが思いもよらぬ副作用をもたらします。

免疫活性があるといわれている食品には、インターフェロンやインターロイキン分泌を促進させると考えられています。




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ