困った時の様々なガン療法

免疫療法

活性化リンパ球療法

活性化リンパ球療法(LAK療法、NK細胞療法、CAT療法)

患者さん自身から採った少量(一般に40ccほど)の血液からリンパ球を取り出します。体外(試験管内)でガンを攻撃する免疫細胞(T細胞やNK細胞)分離しサイトカイン(リンパ球を刺激する物質)で培養(活性化・増殖)して、患者さんの体内に戻す方法です。

活性化リンパ球療法は、非特異的免疫療法に属するので特定のガンでなく、異物全般に対応します。その分、人海戦術的に数的優位が求められます。ガン細胞が多ければ、活性化されたリンパ球もたくさん必要です。

また、活性化されたリンパ球がサイトカインなどを出すため、患者さんの免疫環境を整えてくれる効果が期待できます。投与方法など手技は比較的簡便なので、日常生活に支障をきたすことが少ない療法です。手術後の再発予防、ガンの進行阻止、QOLの改善・維持などが期待できます。

重篤な副作用はなく、免疫反応と思われる発熱がでることがありますが、一時的なものです。体調が改善しQOL(生活の質)が改善される例は多いようです。

《国立がんセンター中央病院での臨床試験》
◆原発性肝細胞ガン手術後の再発予防として有効
◆癌性胸膜炎・癌性腹膜炎による胸水・腹水を一時的に減らすことができた(胸腔内・腹腔内投与)




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ