困った時の様々なガン療法

免疫療法

他者リンパ球療法

健康な他者のリンパ球を患者さんの体に入れて、ガン患者さん自身の
リンパ球を活性化する免疫細胞療法

患者さん本人ではなく、他者(若い健常者)の血液から分離したリンパ球(白血球)約5,000万~1億個を、患者さんの体内に入れることで、患者さんの体に備わっている抗ガン免疫能を賦活して、ガンを退縮させる免疫細胞療法。

他者リンパ球療法は、リンパ球が持つ免疫学的な性質を利用します。それは、《異質なリンパ球(自分のものとは異なる)が体内入ってくることで、もともと存在する(自分の)リンパ球が活性化する》という性質です。つまり、患者さんのリンパ球が元気で異質なリンパ球と血管内ですれ違うだけで、新しい刺激を受けて免疫システムを活性化させるのです。

他者の健康なリンパ球を注入することによって、患者さんがもともと持っている体内リンパ球を目覚めさせ、増進させて代謝を促進させようというわけです。患者さんの体内には、弱りながらも自身のガンに関する情報(ガン抗原情報)を持ったリンパ球が存在します。そのままではリンパ球の働きを高めることはできませんが、他人のリンパ球をほんの少し注入してやるだけで、ガン抗原情報はそのままに、リンパ球を活性化することができるのです。免疫細胞のキメラ化(同じ個体内に異なる遺伝情報を持つ細胞が混在すること)によって、GVT(Graft-Versus-Tumor Effect:移植片対腫瘍効果)が発生し腫瘍の縮小が起きると考えられています。これが「他者リンパ球療法」です。

他者リンパ球療法は歴史が古く、免疫細胞療法の先駆けです。自己の免疫細胞を利用する療法に比べコストが安く、弱った自己免疫細胞を活性化する方法よりはるかに効果が高いと言われています。

アメリカでは、2000年に難治性の転移性腎臓ガンに対して、50%を超す奏功率が出て注目されました。中には完全寛解という、目覚ましい効果が出たことから、他の大学やがんセンターなどの病院も積極的に研究するようになりました。また、固形ガンの中でも比較的効きにくいと言われている転移性乳ガンにも十分な効果が期待されることがわかりました。






ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ