HOME > 情報を集める > 困った時の様々なガン療法 > 免疫療法 > 免疫細胞療法の「活性化」とは?

困った時の様々なガン療法

免疫療法

免疫細胞療法の「活性化」とは?

免疫細胞が活性化するとはどういうことなのか?

人間が持っている免疫力が発ガンを抑制していることは周知のとおりです。またガンの再発や転移の抑止にも免疫力の十分な働きは不可欠です。その自己の免疫を利用した第4のガン治療と呼ばれる「免疫細胞療法」は、先進医療として認められ施術する医療機関が増えています。現在は、いく種類かの免疫細胞を用いた治療があります。(NK細胞、NKT細胞、T細胞、樹状細胞など)それぞれの免疫細胞には役割がありますが、いずれも原理は自分の体内にある「免疫細胞を活性化」して、ガン細胞に対抗させようとするものです。

では、「免疫細胞の活性化」とはどういうものなのでしょうか?

人体の免疫は、免疫細胞が互いに情報交換や刺激し合うことで免疫システムが総合的に機能し、外敵(ウイルスや菌)や内部の異状(ガンなど)を察知して排除・処理してくれます。その仕組みは多様で複雑でありながら精巧にできています。物理的なホルモン、栄養素などだけでなく、精神面からの自律神経の影響も多大に受けます。

免疫細胞を活性させるのは、ある種の免疫活性物質(サイトカインなどと呼ばれる)です。それを応用した治療で、腎臓ガン患者の体内に直接注入する方法があります。IL2(インターロイキン2)と呼ばれるサイトカインですが、体内に注入するとリンパ球が増え活性化し抗ガン効果を誘導します。

当初このサイトカイン療法は、ガン制圧に大きな期待を寄せられました。人の体内に存在する物質を人工的につくって投与するわけですから、薬のような副作用も心配なく、効率よく免疫を活性してガンを叩くことができると考えられたのです。ところが、実際に治療に使ってみると、ショック、発熱、骨痛、うつ状態などの副作用が発生し、患者さんのQOL(生活の質)が低下してしまうことがわかったのです。また、特定のサイトカイン投与は耐性ができる傾向があり、効果が減弱してしまいます。(参照記事=元三重大学医学部 伊藤均助教授への取材

(因みに、人体が自分でサイトカインを生成し免疫活性をする限り、副作用などのトラブルは発生しないし、耐性もできない。人体の生命ネットワークがいかに巧妙にバランスをとってホメオスターシス=恒常性=を維持しているかがわかる)

そこで発想の転換をしたのが、ガンの免疫細胞療法です。サイトカインを体内に入れるのではなく、サイトカインに反応するリンパ球を取り出し、体外でサイトカインにより活性化させる。活性化したリンパ球を再び体内に入れる。そうすることで、サイトカインを体内に入れる際に起こる不都合な副作用の問題がほぼ解決されることになりました。つまり、患者さんにはほとんど負担なく、免疫力を向上させることが可能になったのです。この体外に取り出した免疫細胞を免疫活性物質によって増やす作業を「培養」と呼びます。増えた免疫細胞を体内に戻すと、それらの細胞からまた様々なサイトカインが分泌されて免疫系が活性化されます。これが免疫細胞療法の代表的なメカニズムです。

今日、培養技術の進歩により免疫細胞を活性化することはさほど難しいものではないようです。しかし、培養がより有効的に免疫細胞を活性化するために必要となる条件はあります。次のようなケースは活性が上がりにくいと専門家は指摘しています。

◆ガンの進行による全身状態や栄養状態の悪化
ガンが進行したり悪液質状態に陥いることで衰弱したり基本的な生命活動に支障があるようなケース。また栄養状態が悪いと免疫細胞の素材不足、機能不足になる。

◆造血機能低下
抗ガン剤や放射線による副作用、また一部薬剤によって血液をつくる機能が低下すると、免疫細胞の数、質ともに低レベル状態にある。そのため培養してもガンに対抗できるレベルの活性が得られない。

◆精神面
生きることの気力が少なかったり、闘病への意欲が萎えていたり、過度の不安やイライラは免疫力にはマイナスである。

◆培養方法
免疫細胞を培養する際に使用する薬剤(サイトカイン)にも品質がある。(私、編集長もこちらの取材をするまで知りませんでしたが、良心的なドクターと培養担当の方に教えてもらいました) 品質の差が培養結果に反映されることはあり得るというのが専門家の見解。

理論的には最先端の科学的操作で免疫細胞は活性化できます。しかしその恩恵を得るためには、体力(内臓力)、気力が備わっているほうが好都合です。ガンを体内に抱えながらも、ガン以外の正常な部位の営みがちゃんとできる体内環境を保持することが大切です。




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ