困った時の様々なガン療法

免疫療法

自家がんワクチン

自分のガン細胞から作るワクチン。手術後の再発・転移予防、取り残した微小ガンの治療に!

私たちが持つ免疫には特定のターゲットに狙いを定めた攻撃をする機能があります。敵の特徴(抗原)を認識して有効なオリジナルの武器(抗体)をつくり排除することで、体を守ろうとします。(抗原抗体反応) この機能を利用した医療に「ワクチン」があります。

例えば、今年流行しそうなインフルエンザ・ワクチンをインフルエンザに罹る前に投与することで、予めインフルエンザ・ウイルスの型に適合した抗体を体内に用意できます。その準備によって、インフルエンザ・ウイルスが体内に侵入しても早期対応ができ、ほとんど症状が出なくてすみます。

ガンはその特徴(ガン抗原)が多様で、一人ひとり異なるとされています。そこで、体内にあるガンを手術で切除した際、1.5~2g以上の組織をホルマリン処理後、無毒化します。このガン組織に免疫刺激剤を混ぜてつくるのが、その患者さん専用のがんワクチン(自家がんワクチン)です。

自家がんワクチンを再度患者さんの体内に入れることで、体内の免疫細胞が活性化されガンを攻撃するという仕組みです。外来通院でワクチンを受けることができ、通常2週間に1回、合計3回の接種と前後の免疫反応テストを行います。

ガン組織がないとワクチンは作れないので、手術後の再発・転移予防、取り残した微小ガンの治療が対象になります。




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ