HOME > 情報を集める > 困った時の様々なガン療法 > 免疫療法 > 免疫抑制・・・「制御性T細胞=Treg」「免疫チェックポイント」

困った時の様々なガン療法

免疫療法

免疫抑制・・・「制御性T細胞=Treg」「免疫チェックポイント」

ガン細胞を攻撃する免疫の働きを抑制してしまう機能とは?
免疫細胞治療については、盛んに自然免疫や獲得免疫の活性(強化)・・・学術的な用語を使うなら非特異的免疫、特異的免疫・・・が研究開発されてきた。とくに近年は獲得免疫、つまり特定のガン細胞の目印を標的にした免疫細胞治療の進歩はめざましいものがある。

これらを(+)免疫治療とするなら、(-)の免疫治療についての研究が盛んになってきている。(-)とは、ガンに対する免疫を抑制(制御)する作用を減らすこと。免疫が過度に働くと自己免疫疾患など自分自身を傷つけてしまう症状を惹き起こす。ゆえに私たち人間の免疫系は、過剰な免疫反応を抑制する機能を持っている。どうやらガン細胞はこの仕組みを使って、免疫から自分の身を守ることがわかってきた。

代表的な抑制因子は、「制御性T細胞=Treg」(ティーレグ)、「MDSC=骨髄由来抑制性細胞」、「液性因子」、「免疫チェックポイント機能抗体」などである。 人間の免疫が持つガン細胞を排除する能力は、存分に発揮されればそれはスゴイものなのである。しかしTregなどによる免疫抑制が足枷になってしまう。そこで免疫抑制を解除するのが、(-)の免疫治療である。

問題はどのように免疫抑制を解除するのか? 研究段階も含め、以下のような取り組みが検討されている。

・一部の免疫細胞療法(T細胞活性)にTreg抑制がみられる
・免疫抑制を解除する抗体医薬品の投与(免疫抑制を担う免疫チェックポイント機能抗体の働きを阻害する)
・抗ガン剤の低容量投与
・薬草や天然抽出成分を用いる

*免疫チェックポイント機能抗体
「PD-1」「CTLA4」と呼ばれるタンパク質は、免疫の攻撃が始まってしばらくすると攻撃を担う免疫細胞「T細胞」の表面に出現する。これらは「免疫チェックポイント機能抗体」と呼ばれ、T細胞に指令を出す別の免疫細胞「抗原提示細胞」の表面にある特定のタンパク質と結合すると、攻撃中止の指令がT細胞に伝わる。また、ガン細胞自体も、PD-1と結合するタンパク質を表面に出していて、T細胞に攻撃を中止させてしまう。

なお免疫抑制を解除する「免疫チェックポイント阻害薬」は盛んに開発され、今後の免疫治療に大いに期待されている。すでに臨床で使用されている製剤もあるが、非常に高額である。(2015年7月現在)


【関連記事】
*グランソール奈良免疫研究会2014

*グランソール奈良免疫研究会2015












ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ