HOME > 情報を集める > 困った時の様々なガン療法 > 免疫療法 > WT1ペプチドがんワクチン療法

困った時の様々なガン療法

免疫療法

WT1ペプチドがんワクチン療法

ガン細胞を見つけやすい目印の筆頭!
細胞にはそれぞれ特徴があります。同様にそれぞれのガン細胞も特徴があり、正常細胞と異なる姿をしています。ゆえに正常細胞ではない“異物”と免疫が認識すれば、自然免疫系の細胞(NK細胞、マクロファージ、γδT細胞など)が出動し異物を軒並み排除します。ところがガン細胞は元々正常細胞が変化したものです。ウイルスのように体外から侵入した異物とちがい、身内に近い姿をしています。そのため標的捕捉をしない自然免疫の攻撃をすり抜けることがあります。

そこで、ガン細胞の姿(目印=「抗原」を認識する)を覚えて攻撃をする獲得免疫系の細胞(αβT細胞=ヘルパーT細胞・キラーT細胞、B細胞など)の出番となります。近年のガン免疫細胞療法はこの分野で大きな進展が見られます。

ガン細胞の目印として汎用性があるとされているのが「WT1ペプチド」というタンパク質です。WT1は、小児の腎ガン「ウィルムス腫瘍」(Wilms Tumor)の原因遺伝子として発見されました。WT1ペプチドは、WT1の一部で9種類のアミノ酸から構成されています。ガン細胞の表面にあるHLAという分子に結合して存在し、ガン抗原となります。当初、WT1ペプチドは白血病の新しいマーカーとされていました。その後、現大阪大学大学院医学系研究科の杉山治夫教授のグループが、WT1ペプチドはさまざまな種類のガン細胞や白血病細胞などに多く存在し、ガン発生に関与していることなどを突き止めました。現在は、白血病およびほとんどの固形ガンで高発現するガン抗原であることがわかっています。

WT1ペプチドがんワクチン療法は、WT1ペプチドを注射で投与することで、T細胞などリンパ球が刺激されて増殖し働きが高まる反応を利用します。また最近では、WT1ペプチドを利用した樹状細胞療法が盛んに行われています。ガン細胞の目印である抗原を標的として攻撃する主体がT細胞ですが、その目印をT細胞に教える(抗原提示)のが「樹状細胞」です。患者さんから採取した血液から作った樹状細胞に、WT1ペプチドによって攻撃目標を認識させます。さらに培養して樹状細胞ワクチンとし投与する療法です。

【追記】
WT1ペプチドはアミノ酸の配列によって異なる数種類が臨床に使われています。従来のWT1ペプチドは、HLAタイプ(血液中の白血球の型)と適合する場合のみキラーT細胞を誘導します。WT1ペプチドを使用できない患者さんもありました。現在は、HLAの全タイプに適応するWT1ペプチドが開発され、導入している医療機関があります。(2014年7月現在)









ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ