困った時の様々なガン療法

抗ガン漢方

カイジ(槐耳)

漢方の本場中国でも注目の抗ガン漢方!

カイジ(槐耳)という薬草は、槐(エンジュ)の老木に生長したキノコ(カイ栓菌)です。槐の木に半円形で寄生する姿はまるで人間の耳のように見えます。そこから槐耳と呼ばれるようになったとのことです。

カイジ

 
カイジというキノコは、日本では今まであまり耳にしたことがありません。中国の古い医学書にカイジの効能の記載がありますが、老齢の槐の木が希少なため、漢方界からは忘れられた存在になっていました。ところが20年以上前ですが、ある末期原発性肝臓ガンの患者さんが、老齢エンジュに寄生するカイジを長期間服用することで、思いがけなくガンが完治しました。中国の衛生部はその実例を端緒として、カイジの研究をスタートさせました。
 
100人以上の研究者によって、自然のカイジと人工培養のカイジについて薬理作用、毒性作用、基礎試験、臨床試験が実施され、1992年中国衛生部(日本の厚生労働省にあたる)新薬審理委員会にて、国家Ⅰ類漢方抗ガン新薬に認証されました。そして日本に渡ったのはまだ最近の2004年のことです。
 
カイジの主な活性成分は「PS-T」という多糖たんぱくです。他に二十種ほどのミネラルの含有も認められています。カイジのガンに対する作用は、下記のようなものがわかっています。
 
①アポトーシス
細胞は自らの寿命を全うすると自然に死んでいきます。(アポトーシス) ところが、ガン細胞はこの自然のプログラムが異常になり、悪性の細胞が延々と増殖を繰り返し増えていくので困るわけです。しかし、ガン細胞にもアポトーシスを起こす能力がまったくないわけではありません。カイジはガン細胞のアポトーシスを誘発することがわかっています。
 
②腫瘍抑制効果
マウスを使った動物実験で、腫瘍を抑制する効果が判明しています。
 
③免疫賦活作用
ガン細胞に対抗する免疫細胞であるマクロファージ、NK細胞を活性化させます。
 
④新生血管抑制作用
ガン細胞も増殖するためには栄養が欲しいので、自分専用の血管を作ろうとします。新たに作られた血管のことを新生血管と呼びます。カイジには、ガン細胞が新生血管を作ることを抑制する働きがあります。
 
⑤抗ガン剤・放射線治療による副作用の軽減および効果の増強
ガン治療で多用される抗ガン剤や放射線による人体へのダメージを軽減し、かつそれらの効果が増すよう免疫レベルが調整されます。
 
中国では、カイジは主として肝臓ガンなどの消化器系のガンに使用され、良好な結果を得ているようです。カイジ研究およびガンの中西医結合(西洋医学と中国医学を統合的に用いる)治療の第一人者 劉魯明教授(中国上海 復旦大学附属腫瘍病院 国際統合医療がんセンター)も、肝臓ガンにカイジを投与しています。手術後の再発・転移予防、抗ガン剤・放射線との併用療法、進行・末期肝臓ガンへの漢方療法において、貴重な抗ガン漢方として位置づけられておられます。

◆劉魯明教授の来日講演の取材はこちらから!

■肝臓癌臨床 中国論文より

そもそもカイジは、ある末期原発肝臓ガン患者の劇的な完治を端緒として研究が開始された経緯から、原発性肝臓ガンの臨床治験が多く報告されています。そのうちの一つ、河南省腫瘍病院の老年末期肝臓ガンに対する治療効果を簡単に紹介します。

手術や抗ガン剤治療ができない末期肝臓ガンの老年患者を、カイジ投与群(観察群)31例、カイジ非投与群(対照群)31例に分け、治療効果や痛み(ガンによる疼痛)に対する効果を調べました。

カイジは1日60g(1回20gを1日3回)30日連続投与。その後、10日間お休みして、再度投与しています。

治療効果(ガンの縮小)は、観察群で77.4%(PR+SD) 対照群で51.6%(PR+SD)
疼痛治療効果は、観察群で80.8%(完全緩解+中度緩解)対照群で50.0%(完全緩解+中度緩解)

この他の論文でも、痛みにはかなり効果的であるとされています。また、食欲不振や放射線の白血球減少、やせる、気力低下などガン患者さんのQOL低下改善、延命効果も臨床報告されています。

肝臓ガン以外では、主に肺ガン、乳ガン、胃ガン、大腸ガンに使用されています。

◆中国 杭州 胡慶余堂(漢方専門)でのカイジ(取材日記)


【追記1】
2008年にカイジの開発製造メーカーを訪れた、丁氏の報告です。
(中国の抗ガン漢方事情に詳しい丁さんの記事はこちら!)

中国国家衛生部(日本における厚生労働省にあたる)は、十数年におよぶカイジの臨床研究により、ガン治療への有用性・有効性が医療専門家によって確認されたことを踏まえ、原発性肝臓ガン、肺ガン、乳ガン、胃ガン、大腸ガンに適応を拡大しました。

カイジに関してメーカーから下記のような最新の研究に関する説明がありました。さらに、カイジを2~3年飲み続けることで、変異した遺伝子が修復される可能性があると推測され、現在このテーマも研究課題になっているそうです。

1.カイジのガン細胞アポトーシス作用は、細胞分裂のG1期に発生する。これによりS期からG2/M期への移行を阻止する。G1期に作用すると、ガン細胞から正常細胞へ転換する可能性が高くなる。一般の抗ガン剤とのちがいは、耐性(薬に慣れてしまい効き目が落ちること)が生じにくい。

2.新生血管抑制作用。栄養を取り込むためのガン細胞専用の血管をつくることを抑制する作用です。臨床では、手術後の再発予防、転移予防にそれぞれ効果が見られているとのことです。

3.免疫の調整作用。カイジ服用後の患者さんの免疫指標は大幅に高まっているデータがあります。また長期間の服用で延命効果が顕著に見られます。原発性肝臓ガン手術後、一年以上カイジを使用すると再発率が低いことが確認されています。

4.中国では、低用量抗ガン剤+カイジの治療法が確立されています。例として、抗ガン剤単独では胸腺脾臓等委縮を起こしたが、低用量抗ガン剤+カイジの患者さんには見られず、治療効果も得られています。

5.カイジは現在処方薬として、中国の上海、北京など大都市のガンセンター、ガン基幹病院で使用されています。また、解放軍の総病院301病院(中国指導者の指定病院)もカイジを大量に使用しています。

6.中国での臨床により、家族的ガン系の方はカイジの長期間服用で、発ガン率が低いことが判明しました。

◆カイジを治療に用いている漢方医 王瑞雲先生との対談記事はこちら!

◆SIO(Society for Integrative Oncology:統合腫瘍学会)上海国際シンポジウムの報告記事はこちら!

◆カイジ(槐耳)の入手法・資料請求はこちらのフォームよりお問い合せください!


【追記2】
2010年3月に発足した「カイジ顆粒研究会」(日本統合医療学会による)の報告

3月26日~27日、東京大学医学部本館小講堂及び小柴講堂で日本統合医療学会の主催による「アジア統合医療会議」が開催されました。その一環として「カイジ顆粒研究会」が発足し、日本と中国の臨床医によるカイジの共同研究がスタートしました。中国ではすでにカイジ顆粒は基礎から臨床まで多くの試験が実施され、中国政府が第1級抗癌生薬と認定しています。この中国におけるカイジ顆粒の成果はたいへん注目に値するということで、今後日本での臨床データを積み重ねるため「カイジ顆粒研究会」を立ち上げる運びとなりました。

26日、渥美和彦先生(日本統合医療学会理事長 東京大学名誉教授)のご挨拶に続き、星野恵津夫先生(癌研有明病院 消化器内科部長)を座長としてカイジ顆粒研究会が開会されました。初めに劉魯明教授(上海復旦大学付属腫瘍病院中医学結合センター長)が中国の漢方抗ガン新薬―カイジ顆粒の開発経緯の紹介、カイジ顆粒の実用臨床のがん治療実績を説明されました。(主に肝臓ガン、乳ガン等で有効性) 劉教授のお話では、カイジ顆粒は現在中国大都市の大病院で使用されているとのことです。

続いて、星野恵津夫先生は「カイジ顆粒と臨床の実際」というテーマで、患者さんに対する「さらなる一手」として、国際的に一定の評価のある「カイジ顆粒」の有用性を観察の報告です。補助療法として何らかのサプリメントの摂取希望のあった末期重症患者20例に対し、その効果を観察されました。「カイジ顆粒」の1日服用量は、患者さんの認容性と希望にしたがったため、9g~60gまでの幅がありました。(カイジ顆粒は患者さんが自費で購入)

対象患者さんのガン種は多岐にわたり、下咽頭癌肺転移、甲状腺癌肺転移、食道腺癌肺転移、胃癌肝転移、大腸癌肝転移、盲腸平滑筋肉腫、腎盂癌肺転移、尿管癌肺転移、浸潤性膀胱癌、腎盂膀胱癌肺転移、卵巣癌直腸浸潤、乳癌多発骨転移、浸潤性膵癌、膵癌肝転移、肺癌脳転移・胸膜浸潤など、現代の西洋医学的癌治療で対応が困難となった症例がほとんどでありました。しかし、そのうちの一部は漢方治療に加え「カイジ顆粒」を服用することにより、1年程度の延命が可能となり、中には癌が完全に消滅したと考えられる患者も存在しました。(このデータは三年半かけたものです) 

今回患者さんにサプリメントとしての「カイジ顆粒」を服用していただき観察したところ、かなりの手応えを感じられたようです。今後日本でも正規の比較対照試験を行う価値があるものと考えられるほどです。また他のサプリメントにないエビデンスをカイジ顆粒が持っていることは、患者さんにとって補助的使用のためサプリメントを選択する際の大きな安心といえるでしょう。

王瑞雲先生(東診療所 所長)はカイジ顆粒について、既存の漢方と併用すると効果が早めに出て来ます。「カイジ顆粒は全ての症例に応用できる。即ち、自然治癒力サポート役となります。肺炎、インフルエンザ、喘息、アトピー性皮膚炎の回復を助けてくれるのです」と現場から説明してくれました。また、北海道大学名誉教授劒物修先生は会場でカイジについて自分の意見を述べられ、カイジが高く評価されました。

◆研究会の模様はこちら!

◆カイジ(槐耳)の入手法・資料請求はこちらのフォームよりお問い合せください!



テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ