困った時の様々なガン療法

抗ガン漢方

抗ガン漢方の臨床試験

伝統的な抗ガン漢方を現代医学の物差しで測ってみると・・・。

漢方薬は「証」と呼ばれる病気の原因となっている患者さんの“心身の状態”を見極めて処方されます。この伝統的な漢方の病人を測る物差しは、現代医学のような基礎・臨床データに基ずく薬剤の選択とは大きく異なります。それは、漢方を用いる上で重要な手法です。

しかしながら、現代医学だけで対応が難しいガンの場合、一部の抗ガン作用を有する漢方薬が本場中国のみならず、アジア各国、欧米でも注目されています。このような抗ガン漢方は、現代医学的な臨床試験でその有効性をみる世界的な動向があります。

抗ガン漢方の草分け的存在で、いまや世界20ヶ国、延べ60万人以上のガン患者さんが利用している「天仙液(てんせんえき)」。この天仙液は世界各国で22回以上の正式な臨床試験が行われています。

【台湾大学医学部】

人参、霊芝(れいし)、牛黄(ごおう)、大蒜(たいさん:ニンニク)など漢方生薬の免疫調整作用を長年、細胞分析しています。2000年3月~2007年3月までの5年間、天仙液の抗ガン効果について、『「天仙液」における免疫および抗ガン作用』というテーマで研究を行い、天仙液には次の3つの作用があると報告しています。

①抗ガン腫瘍活性作用
②免疫調整作用
③ガン細胞に対するアポトーシス作用

またK562(血液ガン、白血病)、MT-2(T細胞株)、U937(リンパガン)、CT26/RT1(大腸ガン)ほか16種のガン細胞の消滅、縮小の症例も報告されています。台湾の医師の臨床試験では、100人の化学療法を受けている患者さんを「天仙液を飲むグループ」と「飲まないグループ」の2つに分けて行いましたが、天仙液を飲むグループ」の患者さんの方が、Tリンパ細胞が活発に動いていることが判明しました。

これは45.7%の確率で上昇していますが、乳ガンの患者さんには最も効果が出ており、83.3%の効果でした。台湾の医師の結論は「化学療法と併用すると化学療法の副作用を減らし、Tリンパ細胞の活性化を促進させる」とのことです。


【香港大学】

臨床試験の結果、乳ガン、肝臓ガン、大腸ガンを抑えることができると発表し、以下のような効果が報告されました。

①免疫力の調整作用
②ガン細胞のアポトーシス
③ガンの血管新生抑制
④ガン細胞が正常細胞に変換するように誘導
⑤化学療法の有効度を補助
⑥食欲の促進などのQOLの向上


【アメリカでの臨床試験】

3ヶ月間、1日60ml~80mlの使用で、最初の7日間で著効が現われた患者さんがいた他、腫瘍が50%縮小、痛みの緩和、食欲が上昇、元気がよくなり、脱力感が少なくなったという報告もあります。

天仙液の資料請求はこちら!

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ