HOME > 情報を集める > 困った時の様々なガン療法 > 抗ガン漢方 > 日本・中国・台湾の医師による講演会~漢方がん治療の現状と展望~

困った時の様々なガン療法

抗ガン漢方

日本・中国・台湾の医師による講演会~漢方がん治療の現状と展望~

3医師の講演ダイジェスト
2010年10月 東京国際フォーラムにて

天仙液


『中西医結合医療によるがん治療の新たなる進展』
王振國先生
北京王振國中西医結合腫瘍病院院長

王振國
王振國先生


大家好!(みなさん、こんにちは!)

1988年に初来日してから今回が16回目の訪日となりました。
今回日本で皆様にご報告できることは、たいへん喜ばしく感じております。
というのも、かつてないほどの研究成果が上がっているからです。とくにこの数年の大量の臨床研究によって、私たちが目指す西洋医学と漢方医学を統合的に用いる中西医結合医療によって、ガン治療に大きな進展が見られました。

世界的にガン患者は益々増えています。若い世代のガンも増えています。中国では毎年およそ220万人がガンになっています。これに伴いガン研究者も増えているのですが、いずれも「3大療法(手術・抗ガン剤・放射線)と呼ばれる標準治療だけでは成果が上がらない」というのが共通した認識となっています。

その理由として次のような事項が挙げられます。
①過治療
②リハビリ(体力回復)軽視
③偏った治療

このような治療およびケアは、生存率の低下と再発のリスクを招きます。最近の臨床研究ですが、1000人の患者さんで天仙液を使ったグループと使わなかったグループを比較すると、使用したグループでは顕かに再発率が低くなっています。また、重い副作用は見られませんでした。

漢方の治療法には二種類の大原則があります。「祛邪(きょじゃ)」と「補正:ほせい(扶正:ふせい)=“正気”を補う」です。祛邪とは、体にとって不都合なもの(病気を引き起こしているもの)を取り除く治療です。補正は、本来備わっている内臓器官の機能、回復力、免疫力を高めることで人体のバランスを正常に戻すことで治癒する方法です。

通常のガン治療は漢方でいう「祛邪(きょじゃ)」に相当します。その作用は強力ですが、同時に正常細胞にも負担を強いてしまいます。つまり、いくらか正気を損傷するという犠牲を払います。治療としては偏っており、ガンという病気と闘い消耗している患者さんにとっては、通常医療一辺倒ではバランスが良いとはいえません。

生薬を複数配合した漢方薬は、?邪と補正のバランスを大切にします。天仙液も、この漢方理論に基づいて、抗ガン作用のある生薬と体力を回復する生薬を配合してあります。つまり、「自らを守り、敵を打ち砕く」配合にしてあるのです。

さらに近年は、ガン幹細胞に対する作用の研究も進めています。多くの科学的データは、次のような天仙液の作用を示唆しています。

■ガン殺傷
■免疫向上
■ガン細胞線維化
■血管新生抑制
■細胞正常化

王振國 天仙液王振國 天仙液
天仙液投与前後の電子顕微鏡写真  中西医結合医学の作用 (いずれも講演スライドより)

臨床においては、中西医結合医療に加え、心理療法、温熱療法、音楽療法、旅行(王先生の病院では、患者さんとともに長白山=漢方生薬の宝庫=へのツアーがある)などを取り入れることで、治療成績を向上させています。患者さんが「ガンは克服できる」という自信を持つことが何よりも大切です。

王先生による天仙液の症例報告

■肝臓ガン
6ヶ月の使用で、ほぼ消失。13年生存している。

■肺ガン 脳転移
6ヶ月の使用で、ほぼ消失。

■悪性リンパ腫
化学療法に感度の低いガンであった。天仙液6ヶ月の使用で消失。 

■鼻腔ガン 肺転移
化学療法6回も効果なく、天仙液治療に変更。6ヶ月の使用で消失。

■乳ガン 肺・骨転移
手術不能。6ヶ月、天仙液を内服および患部に直接塗布で縮小。

1988年に中国国家衛生部(日本の厚生労働省)から、正式に初の抗ガン漢方薬として認可された天仙液は現在70あまりの国と地域で使用され、私の病院には毎年世界から2000人の患者さんが訪れています。日本ではすでに2万人の方が、私たちのコンサルティングを受けています。今後も中西医結合医療、抗ガン漢方の研究を続けていきます。新しい薬の開発にも取り組んでいきます。謝謝!

 

『日本のがん治療 大いなる隙間』
伊丹仁朗先生
すばるクリニック院長(岡山県倉敷市)

すばるクリニック 伊丹仁朗
伊丹仁朗先生

近年、我が国では「ガン難民」が増えています。私なりのガン難民の定義は、「手を尽くした医療が受けられない」です。では、なぜガン難民が増えているのか? それはガン医療に偏りがあるからです。

私はガン医療には5つの側面があると考えています。
①物理学的側面
手術、放射線、薬物療法

②免疫学的側面
NK活性測定、免疫増強剤、温熱療法

③先進的側面
ノバリス、粒子線、免疫細胞治療(樹状細胞ほか)、ペプチドワクチン、未承認新薬

④心理的側面
精神腫瘍学的アプローチによる治療効果増強

⑤人道的側面
生き抜く、希望を支えるガン医療・・・治る見通しのない患者への人命軽視の風潮

ところがガン医療の現状は、①の物理学的側面(3大治療)が突出しています。抗ガン剤は化学療法剤でも分子標的薬でも耐性化という問題があります。使い続けるとガンはその薬剤に慣れ、効果が減じてしまいます。従って、手術不能のガン、再発ガンや転移ガンは、物理学的治療だけで治すのはたいへん難しいのです。

すばるクリニック 伊丹仁朗すばるクリニック 伊丹仁朗
ガン医療の5側面               キラー細胞の強さと生存率 (いずれも講演スライドより)

海外の医学文献では、術後化学療法と免疫増強剤との併用で顕著な再発予防が見られるガン種において、国内のガン拠点病院では必ずしも併用していない。このような免疫軽視は、ガン免疫の指標となる患者さんのキラー細胞の測定をしていないことからも窺えます。温熱療法は、抗ガン剤との相乗効果、副作用抑制、免疫改善が認められているにもかかわらず、全国のガン拠点病院のわずか3.7%にしか配置されていません。

ガンの心理療法は、現在世界で4つの大きな研究がなされています。そのうちの米国オハイオ大学では、乳ガン患者227人(ステージⅡ・Ⅲ)を対象に、1年間心理療法を受けた群(114人)と受けなかった群(113人)を10年間追跡して調査しました。その結果、心理療法を受けた群は、受けなかった群に比べ、再発リスクが45%減少、死亡リスクが56%減少という結果になりました。

人道的側面については、エピソードを二つご紹介します。

■72歳男性 喉頭ガン
2年前に耳鼻科にて手術するも、6ヶ月前に肺転移発見。その後のある日、突然呼吸困難となり緊急入院。手術をした耳鼻科が担当し、肺炎の診断をして抗生剤と酸素吸入。家族は集中治療室での治療を依頼するも、主治医は「ガンの肺転移があるので、たとえ肺炎を治しても、いずれ余命に限りがあるので、そこまでする必要はない」と言い、耳鼻科の一般病棟で治療。患者さんはまもなく死亡。

■57歳女性 乳ガン
6年前に右乳ガン手術。5年前に局所再発。4ヶ月前に骨転移。病院で治療をするも背腰痛が激しくなり、ホスピスに入院。化学療法剤や骨転移の薬剤投与継続を希望するが、ホスピス長は「ホスピスは痛みの治療はしますが、ガンの治療はしません。ホスピスは1日の入院治療費が定額制なので、高額な薬剤を使うと赤字になる」と拒否される。患者は肺炎症状もあり、抗菌剤の投与を希望するも却下され、ホスピス入院から約43日目に死亡。

もう少し「手を尽くす」ことができれば、いずれの患者さんももう少し良い状態で延命できたのではないかと思います。手前みそですが、私が診療した一例をご報告します。40代の男性、直腸ガンです。2003年に手術し、抗ガン剤を2クール行っています。2006年に局所再発し、抗ガン剤2クール投与。2007年腹部リンパ節多発性転移。抗ガン剤を使うも副作用で中止。2009年からは経口抗ガン剤。その後、抗ガン剤を止めて、天仙液を7ヶ月使用。リンパ節のガンが縮小したため、現在ペプチドワクチン治療を予定しています。

物理的側面からの治療だけでなく、他の側面からの治療を併せることで、可能性はでてくるのです。天仙液は先進的側面の一手として、今後も王先生のご活躍に期待するものです。


『がんの統合医療と漢方療法』
頼基銘先生
台湾国立衛生研究院癌治療研究所所長

台湾国立衛生研究院 頼基銘 
頼基銘先生

私は漢方によるガン抑制理論の基礎研究、とりわけ漢方による分子標的治療を専門に研究しています。そのなかで、THL(天仙液)を用いたガン幹細胞消去の研究を2008年より開始しています。

多くのガンは1cmほどの大きさで発見されます。しかしながら、ガンの微小転移はそれ以前の0.2cmぐらいの段階から徐々に始まっています。従って診断時にはすでに微小転移が起きており、このことがガン治療を難しくしている一つの要因です。ですから、分子標的治療、ガン幹細胞の消去によって、微小転移を防ぐことはガン治療の大きなテーマになります。

台湾大学病院で実施された調査では、81.9%のガン患者さんが、通常医療だけでなく中西医結合医療を希望しているという結果がでています。私たちは、統合医療における漢方等の補助療法についても、科学的なエビデンスを得られなければ、そのような患者さんの要望に応えられないと考えます。基礎だけでなく臨床での有効性と副作用の確認作業が必要です。

臨床における抗ガン剤の多くは、一般のガン細胞を殺傷できても、ガンの親であるガン幹細胞には変化が見られません。ガン幹細胞を減少させる療法との併用ができれば、治療成績はさらに向上するでしょう。

台湾国立衛生研究院 頼基銘 台湾国立衛生研究院 頼基銘 
研究データが豊富な講演でした・・・右はガン幹細胞への作用(いずれも講演スライドより)

私たちと台湾大学微生物免疫研究所との一連の共同研究によって、天仙液には次のような作用が認められました。
①ガン細胞をアポトーシス(自然死)に誘導する
②メチル化の減少
③細胞周期においてG2/M期で停止させる
④ガン増殖シグナル伝達経路遮断
⑤浸潤・血管新生抑制
⑥ガン幹細胞抑制

今後もさらに研究を進め、中西医結合医療によるガン治療成績向上を目指していきたいと考えております。謝謝!


◆抗ガン漢方「天仙液」の公式サイトはこちら!(資料請求できます)

【関連記事】

◆天仙液

◆抗ガン漢方 剤型ごとの特性

◆抗ガン作用が伝承されている薬草



王振國 小澤康敏
講演会後の出版記念パーティーにて王先生(右)と編集長 王先生の(新刊↓)




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ