困った時の様々なガン療法

健康食品・サプリメント

環状重合乳酸(CPL)

ガン細胞のアポトーシス環境とガンの痛みに

【ガン細胞をアポトーシス(自然死)に導く体内環境をつくる】
 
アポトーシスとは、あらかじめ人体にプログラムされた細胞の自然死のことです。私たちの体は一部を除いて、常に入れ替わっています。一つの細胞が分裂し増えていくにあたっては、一定の周期があります。正常な細胞は誕生してその役目を終えると、自然に死ぬようにセットされています。
 
お化粧をされる女性の方は、「お肌の周期は約28日で、新しい皮膚になります」というのをご存知でしょう。古くなった皮膚の表面の細胞は自ら死んで垢となり、新しい世代のものと入れ替わりをします。皮膚だけでなく体の中の細胞も、それぞれのペースで入れ替わります。
 
一方、ガン細胞はブレーキの壊れた自動車のように、どんどん仲間を増やしていくと考えられています。つまりアポトーシス(自然死、自滅)は起きないというのが定説でした。ところが、ガンが活発に増殖するための栄養補給やエネルギー産生は、意外に脆いというのが明らかになってきました。
 
ガン細胞も正常細胞と同じように、飲食物を燃料としてエネルギーを作り出さなければ、活動できません。そのエネルギーとはATP(アデノシン三リン酸)という物質です。ただ、このATPを作るメカニズムが、正常細胞とガン細胞ではちがうのです。
 
このガン独特のATP産生に関わる酵素の働きを妨害することで、ガン細胞をアポトーシスに誘導することができます。人間が飲食物と呼吸によってエネルギーを作り生きていくことができるのに例えるなら、ガン細胞が呼吸をできないようにして自滅させるものです。
 
この作用を持つ物質が、環状重合乳酸(Cyclic Poly Lactate)です。
 
環状重合乳酸(CPL)発見のきっかけは、あるガン細胞の培養実験中に、昨日まで成長していたガン細胞が、一夜にして死滅していたことです。分析の結果、ガン細胞を死滅に追いやった物質が、環状重合乳酸(CPL)であることがわかりました。
 
環状重合乳酸(CPL)は、「日本癌学会総会」「日本癌治療学会総会」「日本血液学会」などで学術報告されています。
 
 
【正常細胞のエネルギー産生を助け、ガンの痛み(ガン性疼痛)をやわらげる】
 
環状重合乳酸(以下CPL)は、ガン独特のエネルギー(ATP)産生を妨害します。また同時に、赤血球の酸素供給能を高めて、正常細胞を活性化する作用が想定されています。
 
この作用によって、体調を良くしたり、抗ガン剤などの副作用を軽減というQOL(生活の質)の改善につながります。特筆すべきなのは、ガンによる痛み(ガン性疼痛、骨転移による痛み)に対して改善例が多いことです。
 
動物実験(ラット)では、あきらかな痛みの軽減が確認されています。しかし臨床(実際に人に飲ませてどうなるか)では、痛みを客観的に測定できないので、本人の自覚する痛さでの表現になりますが、末期の方でも痛みの軽減の報告があります。
 
痛みは本人にとってもご家族にとってもつらいものです。気力も萎えます。明るい気持ちや、やりたいこともできません。闘病意欲も低下します。病院では、《鎮痛剤→モルヒネ》という経過をたどりますが、痛みのコントロールには苦労します。患者さんご本人、ご家族ともに穏やかな時間を過ごすためにも、痛みの軽減は重要な課題です。
 
CPLの痛みを軽減するメカニズムは次のように推測されています。

「CPLの痛みの軽減作用は、CPLが正常細胞を活性化することに深くかかわっていると考えられる。前述のように、CPLに活性化されたマクロファージは、免疫情報伝達物質(インターロイキン1)を産生し、間脳、視床下部下垂体を介してエンドルフィンを産生する。エンドルフィンは、気持ちを前向きにする脳内物質であり、食欲を出す力もある。そして何よりも、内因性モルヒネ物質ともいわれるように、痛みを緩和する作用があり、その鎮痛効果はモルヒネの何と7倍もあるといわれているのである」(「ガン細胞が死んでゆく」より)

◆CPL(環状重合乳酸)を扱っている薬屋さんはこちら!

愛知県 豊橋市(全国配送可)


ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ