困った時の様々なガン療法

健康食品・サプリメント

チャガ(チャーガ)

北の大地の厳しい環境で、長い年月をかけて成長したキノコ

ロシアのノーベル賞作家 ソルジェニーツインは自身がガンになった折に、あるキノコでガンを克服しました。ソルジェニーツインがその体験をもとに書いた小説がかの有名な「ガン病棟」です。この小説によって《チャガ》というキノコの存在が知られることとなり、専門家による研究が始まったのです。
 
チャガは、カンバ類の樹の幹に寄生するキノコの名称です。チャガはカンバ類の代表的な樹木である白樺に数十年かけて成長するキノコです。チャガを語るのに、白樺のお話をしないわけにはいきません。白樺は、ロシアのような寒冷地で生きていける、とても逞しく力強い樹木です。もし生息地が火事などで荒れてしまっても、白樺はいの一番に再生するほどです。そのような驚異的な生命力を持つ白樺にチャガの菌が入り込んで10~15年ほど経つと、樹皮を破って姿を現します。さらに10年程かけて、大きいものでは30cmのキノコになります。
 
見た目はいびつな黒い塊で、私たちに馴染みのあるキノコらしくありません。チャガは、白樺の樹液に含まれる天然の豊富な養分を吸いながら成長するのです。シベリアのある地域では厳しい生活環境にもかかわらず、チャガを砕いたお茶を代わりに引用してきました。その地域に住む人々は、代々ガンと無縁の生活を送ってきたことから、旧ソ連時代に本格的な調査・研究が始まりました。
 
日本では東北地方の一部と北海道に自生しています。ただロシアと日本のチャガを比べると、気温などの生育環境のちがいでキノコの菌核の生育に差が出るようです。国内産ではロシア産ほど有効成分が含有されないという結果が報告されています。
 
キノコの抗ガン作用は、βーグルカンという物質(多糖類)が免疫活性させること、キノコに含まれる抗酸化酵素(SOD)の働き、という二点に拠るところが大きいというのが通説です。ウイルスや発ガン物質を破壊する「キラーT細胞」「NK細胞」、ウイルスや発ガン物質を捕食する「マクロファージ」、抗体をつくってウイルスや発ガン物質を攻撃する「B細胞」といった免疫細胞を強力に活性させます。また、活性酸素が細胞を傷つけるとガン化したり他の生活習慣病の誘因になります。この活性酸素を酸素と過酸化水素水に分解するのが抗酸化酵素(SOD)です。チャガはβーグルカンと抗酸化酵素(SOD)を豊富に含んでいます。
 
さらにチャガはロシアでの研究において、ガンの標準的治療・・・抗ガン剤、放射線・・・との併用効果が期待されています。ガン細胞を小さくさせる相乗効果だけでなく、抗ガン剤や放射線の副作用を軽減効果も期待できるデータがでています。

北の大地の厳しい環境で、長い年月をかけて成長したキノコ『チャガ』は、逞しく生命力に働きかけてくれるのだと思います。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ