困った時の様々なガン療法

健康食品・サプリメント

キノコ製品を選ぶポイント

免疫活性キノコを選ぶポイント

(1)実証されている菌株(種菌)を使っている
 
キノコの種類だけでなく、科学的に実証されている菌株(種菌)を使っていること。アガリクスの場合なら、まず姫マツタケというキノコであること。さらにデータのある菌株(岩出101株、)。また一定の有効な菌株を維持していくのは難しいので、定期的に有効成分の確認を取りながら菌株を管理することができること。キノコはデリケートなので、ちょっとした環境の変化でちがうものになってしまいます。
 
(2)生産、土壌管理ができている
 
アガリクスなどニーズの高いキノコになると、あちこちの産地から買い付けて製品にしている業者もいるようです。野菜でも産地が異なると、味、形、食感、成分の含有量などが違います。アガリクスの産地には、国内、パラグアイ、ブラジル、中国、台湾などがあります。キノコは土壌の成分(とくに重金属)を吸い上げやすいので、土の良し悪しもありますが、まず安全性が高いことです。

産地によってはヒ素やカドミウムなどの含有量が高かったり、獣畜糞を堆肥にしていて不衛生な場合があるからです。また、農薬の問題もあります。
 
栽培方法には露地栽培と容器栽培がありますが、自然の恵みが成分に反映する露地栽培がベストです。ある製造元は、3週間熟成させた堆肥で培養した種菌を畑に移植します。その畑は農薬を使わないのはもちろん、一度栽培した畑は7年間休ませ、土地の栄養分を回復させています。
 
(3)製剤管理ができている
 
Q&Aのところでも述べましたが、効果のある成分がどれだけ含まれた製品になっているかです。またアガリクスの場合、子実体(しじつたい=笠の部分)と菌糸体(きんしたい=根っこのヒゲ部分)、どちらがいいかというのも問題になりますが、ガンの抑制率には甲乙つけがたいものがあります。両方ともに摂取するのがいいでしょう。
 
ということで、
●菌株(種菌)を使っている、しかも有効な菌株をいつの製造でも維持できている
→研究設備、実験・測定ノウハウを持っている
 
●生産、土壌、製剤管理ができる
→委託・買取ではなく、自前で農場、製剤設備を持っている
 
このような点がしっかりしているものを選びたいですね。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ