困った時の様々なガン療法

健康食品・サプリメント

植物発酵酵素

酵素のはなし・・・その1

【なぜ酵素が必要なのか?】

①酵素とは?
食物は、口の中に放り込めば勝手に栄養になってくれると勘違いしていませんか? 食べたままの形では吸収されません。食物は胃腸で《分解・消化》されることによって、やっと栄養分として《吸収》されます。この作業に欠かせないのが、『消化酵素(しょうかこうそ)』です。

次に吸収された栄養分が全身に運ばれて、それぞれの部位で必要な身体の材料や活動に使われます。これを助けるのが『代謝酵素(たいしゃこうそ)』です。

②酵素が不足するとどうなる?
食物が栄養として吸収されなければ、体づくりができません。外見的には痩せ、身体の活動力・体力が低下します。したがって、免疫力・抵抗力が落ちるので、病気を予防できにくく病気になると快復しにくい体になってしまいます。

酵素不足は痩せるだけではありません。太る場合もあります。腸内で分解し切れなかった食物(未消化食物)が毒素となって残ると、余分な脂肪になったりします。これが続くと太りやすい体質になります。大切な栄養も摂れず、余分な毒素・脂肪が体内に残るので、これもまた病気の温床になります。

さらに、未消化食物は血液中に入ると、血液をドロドロにするので、スムーズな血液の流れを妨げてしまいます。この、未消化食物、毒素、血流の悪化は内臓(とくに肝臓、腎臓)に負担をかけます。

実は、この酵素不足と昨今のガンやアレルギー、生活習慣病の増加は大いに関係があると考えられています。というのも、現代の食生活が酵素不足を引き起こしやすいからです。酵素は熱に弱く加熱によって変性してしまいます。また、加工食品、インスタント食品、冷凍食品、殺菌消毒された食品が増えています。これらは酵素を含まない食品です。そこに欧米型のビタミン、ミネラル、酵素を乱費する食生活が加わっています。
 
【酵素不足を解決するには・・・】

●酵素を浪費する食品を少なくする
欧米型の食事(とくに動物性の高カロリー、高タンパク、高脂肪食)を減らし、伝統的な和食中心の食生活にする。

加熱処理した食品、加工食品、レトルト食品、インスタント食品、殺菌消毒された食品などを減らす。

●発酵食品を摂る
世界的に長寿の地域には伝統的な食生活のなかに、必ずといっていいほど『発酵食品』があります。

《発酵とは?》
発酵とは、もともと素材が持つ成分が、微生物(酵母、乳酸菌など)の酵素の働きで、新たな別の成分に変化することです。

例えば、
コウジ菌という微生物は、お米を食べて糖を出す。
          ↓
その糖を酵母菌が食べ、アルコールを出します。これがお酒です。

発酵食品の特徴は、
①素材を低分子化することによって吸収をよくする
②加熱しなければ、素材が持つ酵素を摂れる
③微生物によって作られる栄養素(ビタミン)や酵素を摂れる

◆植物発酵酵素の取り扱いがある薬屋さんはこちら!
→愛知県豊橋市(全国配送可)


ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ