困った時の様々なガン療法

健康食品・サプリメント

ミネラル・ビタミン・アミノ酸

ガン患者さんにとって本当に必要な栄養素とは?

「栄養を摂ろう!」という時に、思い浮べる食事は? 
「体力をつけよう!」という時に、パッと考えつく食材は?
焼肉、ステーキ、うなぎ、・・・。多くの人がパワーの出そうな食べ物をイメージするのでしょう?
 
育ち盛りの子ども、部活動に励む中学生、高校生、プロのスポーツ選手、そんな人たちに適した「栄養」が、ガンや生活習慣病の患者さん、老化現象の始まった中高年世代、ほとんど体を動かすことのない若者やペット(笑)にも「良い栄養」とはなりません。
 
戦後の欧米式の栄養感覚で、どうも「栄養」というと「カロリーの豊富な食品」が「栄養のあるもの」「栄養価の高いもの」と勘違いされてしまっています。しかし今や、戦後の食べるものがなかったヒモジイ時代と同じ環境ではありません。
 
実は、ガン細胞の構造は脆いのです。ガンが大きくなって2cmくらいに達すると、中心部は壊死していることも多い。おもにガン細胞が栄養を要求するのは、ガンが大きくなろうとするガン細胞の外側です。したがって、ガンは栄養を引きこもうとする力はさほど強くないのです。ただし、カロリーが余った状態だと、容易にガンは栄養補給できてしまう。ガン細胞が、一般の細胞に比べブドウ糖という効率のいい糖(栄養)を欲しがる(このガンの特性を応用したのがPET検査)のは、このようなガン細胞と栄養の関係と考えられています。
 
ということで、ガン患者さんの栄養補給に、高カロリー、糖分の多いものは向きません。ではいったい、ガン患者さんにはどんな「栄養素」が必要なのでしょうか? それは次のような作業をするために、たくさん消費されてしまう栄養素です。
 
①ガンに立ち向かう免疫細胞の材料とそれを活発にする栄養素
②それぞれの内臓がしっかり働いてくれるための栄養素
③血液・体液の循環がよくなる栄養素
④手術・抗ガン剤・放射線のダメージから早く回復するための栄養素
 
さらにつけ加えるなら、
⑤脳を元気にする栄養素(気力低下・うつ傾向を防ぐ)
 
以上の5項目をカバーする栄養は、ミネラル・ビタミン・アミノ酸です。これらは、免疫細胞、酵素、ホルモン、脳内伝達物質の材料になり、活性化する働きがあります。とくに不足しがちなのがミネラルです。地球の大地や海を構成している元素でもあるミネラルは、微量ながらも満遍なく種類が必要な栄養元素です。

ガンのサプリメントといえば、アガリクスなどのキノコ類やフコイダンなどの知名度が高い。しかし、生命力の源ともいえるミネラル・ビタミン・アミノ酸が不足しているなら、これらを補給できるサプリメントのほうが優先されるべきでしょう。しっかりした心身の土台がなければ、ガンの三大療法である手術・抗ガン剤・放射線だろうが、自己の免疫を活性させる方法だろうが、十分な効果を期待できません。
 
ミネラル・ビタミン・アミノ酸というありふれた、当たり前と思っている栄養素こそが、ガンとの闘いに必須の武器になるのです。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ