困った時の様々なガン療法

健康食品・サプリメント

フコキサンチン

褐藻類に含まれ、アポトーシスを誘導する!
フコキサンチンという物質は、海藻に含まれるカロテノイドである。コンブ、ヒジキ、ワカメなどの褐藻類のみに微量に含まれます。海藻由来成分といえばL-フコース(フコイダン)が知られているが、近年の研究のよると悪性腫瘍のアポトーシス誘導(細胞の自然死)はL-フコースではなく主にフコキサンチンが関与しているという報告がある。

フコキサンチンの作用は世界的に注目されている。国内では、京都大学、京都府立医科大学、鹿児島大学、神戸大学、北海道大学、金沢医科大学、国立がん研究センターなどで、アポトーシス誘導(カスパーゼの活性化→DNA断片化)、細胞周期停止誘導(細胞周期G0/G1期)、血管新生抑制等の研究文献が発表されている。

ただし、これらの研究は高濃度のフコキサンチンを用いたものである。しかしながら、原料となる褐藻類に含まれるフコキサンチンはわずかなため、低濃度の製品も少なくない。利用を検討される場合は、濃度の確認が必須である。



◆フコキサンチンに詳しい薬局はこちら!





ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ