困った時の様々なガン療法

食事療法

ゲルソン療法

ガンの正体とは腫瘍ができるような体内環境にある(マックス・ゲルソン)

ドイツ人医師 マックス・ゲルソン博士が開発した食事療法。ゲルソン博士は、ガンを局所の病気(ガンができた部分だけの)ではなく、栄養障害が原因の代謝障害を起こした全身の病気だと唱え、次のように述べています。

「医学界は腫瘍のみがガンだと錯覚している。これが最大の間違いで、ガンの腫瘍はガンの症状の一つではあってもガンのすべてではない。ガンとは、ガン細胞や腫瘍を生み出すような体全体の栄養と代謝の乱れなのだ。そして、ガンとはすべての病気の中で最もひどく栄養と代謝の乱れた病気である。腫瘍に目を向けるのではなく、体全体の栄養を正せばそれでガンは治る。だから医学界に深く浸透している、ガンに対する悲観主義は、もう一掃していい時期に来ている」

要するに、《ガンの腫瘍はガンの症状であっても、ガンという病気そのものではない。ガンの正体とは腫瘍ができるような体内環境にある》ということです。その栄養障害・代謝障害が起きている体内環境を改善する方法としてゲルソン博士は食事療法を編み出したのです。

ゲルソン療法の基本

1.塩分の制限
塩分(Nacl)を含む食品を極力避けるため、塩、醤油、ソース、味噌などの調味料も使わない。これは体からナトリウムを追い出し、カリウムを取り入れるため。

2.新鮮な果物や野菜を摂る
大量のジュース、スープ(ヒポクラテス・スープ)、サラダなど生の状態で食べる。缶詰、瓶詰の食材は使わない。加熱する場合もあるが独自の方法で調理する。

3.油脂類・動物性タンパク質の制限
油脂は亜麻仁油、タンパク質は雑穀類、小麦タンパクや植物性タンパク質などで賄う。動物性タンパクは新鮮な子牛のレバーのみ可。

*自然農法(無農薬・有機栽培)のものを食べる。
*精白の小麦粉、白砂糖、アルコール、カフェイン、お茶、コーヒーなどは禁止。
*有害物質を排除する肝臓を強化するために、コーヒー浣腸を行う。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ