困った時の様々なガン療法

食事療法

堀田式解毒野菜スープ

有害物質から身を守る堀田忠弘先生(京都市 堀田医院院長)考案の野菜スープ

科学技術の発展は便利(簡便)な暮らしをもたらしてくれた反面、身の回りに有害物質(有害金属や化学物質など)が溢れる生活環境をも作りだしてしまいました。残留農薬、殺虫剤、防カビ剤、食品添加物、化学薬品、水銀、鉛、カドミウム、アルミニウム・・・口に入れる食品だけでなく、シュンプー・リンス・化粧品などは皮膚から、また住宅建材に使用されている化学物質を含む空気を吸い込むことからも、体内に侵入してきます。これらの有害物質を日本人は年平均4Kg摂取しているという報告もあります。(震災による福島原発の事故以降は放射性物質の内部被爆が大きな問題になっています。放射性物質も有害物質です)

有害物質が体内に溜まると、代謝障害、血流障害、ホルモンのアンバランス、免疫力低下、精神不安定などを生じます。病気のきっかけになるだけでなく、修復能力の低下、病気が治りにくい身体となるリスクが否めません。

ガンに関していえば、遺伝子を傷つける、細胞内の酸化や酸性を引き起こすことで、ガン発生のきっかけや成長しやすい体内環境を助長してしまいます。さらに、有害物質の中にはガン増殖に関与する「テロメラーゼ」という酵素を増やす(テロメラーゼはテロメアを合成するのでガン細胞の分裂増殖が終わらないと考えられている)ものもあると指摘されています。

有害物質から身を守るには、
(1)できるだけ体内に入れない
(2)入ってしまった有害物質を体内に溜めない(解毒排泄する)


そこで、有害物質対策について長年研究されている堀田忠弘先生(京都市 堀田医院院長)の方法をご紹介します。

【食材から有害物質を取り除く方法】

◆流水で水洗いする
◆川や外側の葉など表面部分を取り除く
◆酢水に20分以上漬け、真水で洗い流す
(水2リットル:純米酢大さじ4杯)
◆昆布水で5分下ゆでし、ゆで汁は捨てる
◆塩漬け・酢漬けにしてから下ゆでし、ゆで汁は捨てる
◆冷凍してから下ゆでし、ゆで汁は捨てる
◆骨は食べない
◆茶葉は水に30秒漬けてゆすいだ水を捨ててからお湯を注ぐ


【堀田式解毒野菜スープ】

・材料
(A)
タマネギの皮 1.2g
マイタケ   13g
パセリ         6g

(B)
ゴボウ    40g
ショウガ     6g
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自然塩       0.5g
水     2リットル

・作り方
①野菜は流水でよく水洗いし、(A)は酢水に20分以上漬けてから水ですすぐ。(B)は昆布を入れた水で5分間下ゆでする。
②鍋に水を入れて沸騰させ、食べやすい大きさに切った①と塩を加え、とろ火で20分煮る。

・飲み方
コップ半分~1杯(100~200ml)の解毒野菜スープを1日2~3回食前または食間に飲む。タマネギの皮以外の具は食してよい。

(*堀田先生の著書『身体は、なんでも知っている』に掲載されているレシピでは上記の材料以外に長芋、レンコン、ニンジンなどが加えてあります)

なお、外出先などでも手軽に飲むことができるように、上記レシピに基づいた顆粒状の製品『野菜力で輝け』が発売されています。(堀田忠弘先生 考案・監修)
→入手方法など詳細はこちら!


【有害物質の影響を少なくする栄養素】

・抗酸化物質
・ミネラル
・食物繊維、発酵食品


◆堀田忠弘先生とのガン対談はこちら!




ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ