HOME > 情報を集める > 困った時の様々なガン療法 > 自然療法 > 日常生活における自然療法とは?

困った時の様々なガン療法

自然療法

日常生活における自然療法とは?

自然療法とは、人間という生き物の自然な営みを支えるためのもの!
ガンを治すため、もしくは再発や転移を予防するため、大なり小なり日常生活を見直すガン患者さんは少なくありません。漠然とながら、真剣ながら、人によって取り組む温度差はありますが、ガンを治したい一心で魔法の療法のように崇められ、ストイックに日課にされている方もいます。

それらは「自然療法」「自助療法」というカテゴリー名を与えられ、人体にとって“適した治し方”というイメージが作られ、アンチ現代医学派の金看板となっているきらいも見受けられます。

食事療法、温熱療法、民間療法などは、その最たるもので、なかには○○療法だけでガンが治ったという人もごく希にいますが、本来はいずれも健康法・養生法です。標準治療のようにガン細胞に直接作用するものではありません。生を養い、健やかな体内環境に修正することで、人体の治癒力・修復力が発揮される。また、外的治療が効きやすい体づくり、および侵襲性の高い治療のダメージを軽減する。そういうことに寄与するメソッドです。

さて、ガンと判ってこれらの療法を何か取り入れようとする際、迷われることと思います。「ガンを治すには強い体(免疫力向上とか)にならなければいけない」「ガンが大きくなる食材を食べてはいけない」・・・何をやろう? ネット情報や治った人の体験談、知人のすすめで、○○食、□□温熱、△△葉、◇◇サプリメントなどに取り組まれます。

しかし、【健やかな体内環境】の基本中の基本は、“免疫力を上げる”ことでも、“ガンがどうなるか”でもありません。

それは、『生命活動の基礎を整える』ことです。

人間という生き物の自然な営みを支える、脳を含めた体の新陳代謝です。細胞が正常に入れ替わる(新陳代謝)ための、「入れる(栄養摂取)・巡らす(循環)・出す(排泄)」と「体内コミュニケーション(脳:体、各器官同士 双方向)」です。

それには無論、心の持ち方(意識・思考習慣)が大いに関わりますが、フィジカル面で考えると次の3つが柱になります。

【食(栄養)】
【動(循環・排泄)】
【睡眠(修復・充電)】

どんな生物にもほぼ共通する生命の基本的営みです。何らかの健康法・養生法をやるなら、まずこの3つを整えることから始めましょう。それが、自然です。



【関連記事】
無料レポート
「ガン療法を使い分けるために・・・《応急処置》と《体内環境改善》」
「ガンでは死なない! 栄養不良を見逃すな!」
「3つの物差し」






◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ