困った時の様々なガン療法

IPT療法

IPT抗がん剤療法

少量の抗ガン剤を有効に腫瘍に取り込ませることで、副作用の少ない抗ガン作用を得る!
基本的なメカニズムは、「IPT療法」に既述したとおりですが、治療薬としては患者さんのガンに感受性の高い抗ガン剤を使用します。

インスリンは、細胞膜の薬剤透過性が高めます。また、ガン細胞は栄養源として糖を好みます。その両者の性質を利用して、治療前は空腹にし、ガン細胞を飢餓状態にしたところでインスリンを使い、糖と一緒に抗ガン剤を投与します。飢えたガン細胞は正常細胞に比べ、インスリンの作用も相まって糖と抗ガン剤の取り込みが盛んになります。

この際、抗ガン剤の選択にも一工夫があります。患者さんの血液中を流れている腫瘍細胞(CTC=Circulating Tumor Cell=循環腫瘍細胞)を取り出し、培養したものに候補となる数種類の抗ガン剤を与えてみて、死滅効果の高い薬剤を選びます。

IPT抗がん剤療法は、従来の抗ガン剤治療に比べ少ない量で、腫瘍に特異的に抗ガン剤を取り込ませることができます。それゆえ、副作用が少なく患者さんの体への負担が抑えられます。もう治療法がないと告げられた患者さんでも、治療が受けられる可能性があります。もしくは、強い治療を望まず、穏やかにガンと共存をしたい患者さんの選択肢にも成り得ます。

ただし、すでにガンの進行や標準的な抗ガン剤治療の繰り返しなどで身体の消耗が激しい場合は、効果が期待できないか、治療自体を受けることができないケースがあります。また、現行では自費治療となっています。


◆IPT抗がん剤療法の詳細を知りたい方には、こちらの(↓)書籍をお薦めします。





◆IPT抗がん剤療法を施術されているドクターとの対談記事はこちら!


◆IPT抗がん剤療法を受けられる医療機関はこちら!






◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!

 



テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ