困った時の様々なガン療法

心理療法

サイモントン療法

ガンは自分の本性へ戻るためのメッセージ!

サイモントン療法は、ガン患者さんやそのご家族の心理療法としてすでに30年以上の実績があります。カール・サイモントン博士は放射線腫瘍医としてガン治療に携わっていました。その臨床現場で生じた疑問が、サイモントン療法開発の出発点となりました。

「同じ診断を受けながら、なぜ、ある患者さんは健康を回復し、ある患者さんは死に至ってしまうのか?」 サイモントン博士は、この事象を規定する条件があるとしたら何だろう?と考えました。その問いを解くために博士は、医学的に厳しい病状と判断されながらも、見事に回復しその後も健康を維持している患者さんたちを調査しました。

その結果、「患者自身が自分の病気の経過になんらかの影響を与えている」ということに気付いたのです。悲観的な患者たちと、予後の良好な患者たちの根本的なちがいは、人生に対して希望的な態度、生きる意志を持っているか、でした。その後サイモントン博士は、夫人で心理療法家のステファニーさんらの協力を得ながら、ガン患者に対する心理療法プログラムを開発し、サイモントン療法と名付けました。

サイモントン療法は、過去の報道の影響からイメージ療法として認識されているきらいがあります。しかしその真髄は【自分の本性を取り戻し、より自然に自分らしく生きることを目指す】ことにあります。ガンや死に対する過度の恐怖や不安、ガンを消すことへの執着などの思考パターンが染みついていると、健全に生きることを阻害してしまいます。認知行動療法を主として、ガンはあなた自身のバランスが崩れていることを知らせてくれるメッセンジャーと受け止めることで、ガンに囚われず人生を前向きに生きることを目指します。

日本では2003年に、NPO法人サイモントンジャパンが設立されました。サイモントン療法はカール・サイモントン博士認可の機関(日本ではNPO法人サイモントンジャパンのみ)で正式にトレーニングを受け、認定を受けているセラピストのみが行うことが許可されています。

NPO法人サイモントンジャパンでは、6日間の基本プログラム(グループ形式のレギュラープログラム)の他、個人セッションも行っています。できるだけ患者さんとご家族の方が一緒に参加されるといいようです。また、トレーナー、スーパーバイザー、カウンセラーの研修認定プログラムも用意されています。

サイモントン療法のプログラムの概要、個人カウンセリングが受けられる医療機関・施設などの詳細については、NPO法人サイモントン療法協会のホームページをご覧ください。(こちらから!)

◆NPO法人サイモントンジャパン副理事 日本人初のサイモントン療法認定セラピストの川畑伸子先生とのガン対談はこちら!











ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ