困った時の様々なガン療法

運動療法

運動療法

歩くだけでもガン対策!

アンドルー・ワイル博士は体を動かすことの効用を、「癒す心、治る力」のなかで次のように記しています。
 
「からだの運動はじつにさまざまな方法で治癒系の働きを活発にする。血液の循環をよくし、心臓のポンプ作用を強化し、動脈の弾力性を高める。と同時に、呼吸器系のはたらきを円滑にし、酸素と二酸化炭素の交換を促進して、からだが代謝産物を排出するのを助ける。代謝産物の排除はまた、呼気のいきおいと腸の運動によっても助けられる。さらに、脳からのエンドルフィン分泌を促進し、抑うつ状態を改善して、気分を爽快にする。代謝とからだ全体のエネルギー効率を高める。ストレスを緩和し、深いリラクセーションと眠りをもたらす。そして、免疫機能そのものをも高める。ようするに、からだの治癒力を高めようとするいかなるプログラムにも、規則的な運動は欠かせないということである」
 
また、バーニー・シーゲル博士は「奇跡的治癒とはなにか」で、二つの実験を紹介している。
 
●ガンにかかりやすい血統のマウスを食餌制限なしで体を動かす機会も与えずに育てたものと、カロリー制限した食事を与え十分に運動させて育てたマウスに分けて比較したところ、腫瘍発生率に88%と16%という差が生じた。
 
●運動した筋肉のエキスをがんにかかったマウスに注射すると、腫瘍の成長を遅らせ時には消滅させる場合さえもあった。運動しなかった筋肉のエキスを注射しても何の影響もなかった。
 
なにか特別なスポーツをする必要はないが(あなたが大好きなスポーツならいいが)、現代の日本の便利な日常生活では運動量は少ない。体を動かすことが苦手な人でも手軽にできるのは、歩くことです。

ポイントは疲れ過ぎない程度に。やり過ぎはいけません。汗を軽くかくくらい。ダラダラ汗が落ちるほどやっては、体力を消耗してしまいます。一般には有酸素運動が好ましいとされています。ハードな運動はたくさん活性酸素の発生させてしまうので注意が必要です。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ