困った時の様々なガン療法

運動療法

ヨガ

ヨガの神髄はポーズよりも精神のリラックスと集中!

インド発祥のヨガはマスコミでも度々取り上げられ、最近ではヨガ教室を見かけることも多くなりました。独特なポーズが印象的ですが、その神髄は「精神集中による瞑想の方法」であります。その瞑想による悟りを得るためには、まず身体が健康であるべきだという考えから、ヨガの体位法が編み出されました。歪んだ姿勢・骨格を整え、血行を良くし、神経の伝達をスムーズにすることで、健全な身体を保ち、瞑想をしやすくするのが目的です。

ヨガの効用

①体をしなやかにすることで、気・血液・体液の流れを良くする

②骨格の歪みを矯正する

③自律神経を調整する

④精神の安定

⑤上記の効果により自然治癒力を発揮しやすり体内環境にする

[追記]
米国でのガン基幹病院であるテキサスのM.D.アンダーソンがんセンターでは、笑いのヨガ(ラフター・ヨガ)を導入した。

ユーモア・軽い運動・ストレッチ・ヨガ呼吸などをを組み合わせている。笑いの効用はすでに日本でも認められつつあり、免疫系の機能を活性化するといわえれている。これにヨガのストレッチなどを加えることで、無邪気な子供のような精神状態をつくりガンのストレスを緩和させる狙いのようだ。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ