困った時の様々なガン療法

尿療法

尿療法

歴史は古い尿療法

体から排せつしたおしっこを飲む健康法で、飲尿療法とも呼ばれる。尿療法の歴史は古く、古今東西の国や地域で記録があるようだ。日本では山梨県甲府市の中尾良一医師が有名で、戦前に患者さんに勧め出している。また戦争中、軍医として赴任した戦地で兵隊に尿療法を勧め、治療効果を得ているという。

尿を飲んだ時の医学的なメカニズムは解明されていない。推測では新鮮な尿は血液の上澄み(血清)に近く、多くの微量成分や有益な抗体が含まれ、これらが人体に作用するのではないかと考えられている。

CDA-Ⅱという尿成分から抗ガン製剤を開発した台湾の廖明徴博士は、尿中に分化誘導剤、分化補助剤および抗悪液質剤が含まれていて、これらの化学成分の複合作用により抗ガン作用を発揮していることを発見している。(分化療法的作用)

*「分化療法」
ガン細胞の遺伝子表現の変更を促進して、細胞分裂遺伝子を細胞分化遺伝子に変換する。

正常細胞:誕生→分裂→分化→死滅という過程をたどるが、このプロセスの中で必ず見られるのが遺伝子の脱メチル化。遺伝子の脱メチル化を契機に最終分化を遂げ、死滅する(アポトーシス)方向に向かう。

ガン細胞は、遺伝子の脱メチル化が起こらないので最終分化ができず、永続的かつ無制限に増殖を繰り返す。これはメチル転移複合酵素の異常による。分化療法は、異常なメチル転移複合酵素を正常な酵素に戻し、ガンの遺伝子に脱メチル化を起こさせる療法である。

分化療法の目的は、ガン細胞が死滅し消失しなくても分化によって働きをやめてしまえばいい。つまり、ガンを叩くのではなく、ガン細胞の性格を変えるのである。
(「代替療法でヒトはこう変わる」より抜粋)

何より尿療法のメリットはコストがかからないことである。

ガン克服レポートガン克服資料

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ