困った時の様々なガン療法

鍼灸

鍼灸

鍼灸は東洋の伝統的医学ですが今や世界各国で痛みの緩和を主にその地位を確立しています

伝統的な中国医学の手技で、体表面の「経絡(けいらく)・経穴(けいけつ)」を鍼や灸で刺激する治療法です。日本では漢方薬とともに江戸時代に発達しました。

鍼灸は当初、東洋を中心に広まりました。その後WHO(世界保健機構)が1978年「西暦2000年までにすべての人に健康を」と宣言し、伝統医学を積極的に活用することを提案しましたことで、世界各国で鍼灸医学が取り入れられるようになりました。(世界100ヶ国以上で鍼灸治療が行われている)

ガン鍼灸治療
鍼灸はアメリカでも大人気!
温熱療法との組み合わせも効果的!

鍼灸といえば、肩こり、腰痛、関節痛などのいわば整形外科領域をイメージされる方が多いでしょう。しかし実際は内臓疾患、婦人科疾患、アレルギー、自律神経失調症など治療対象は多岐にわたります。(美容・ダイエットなどの鍼灸もマスコミには採り上げられますが・・・)

ではガンに対して鍼灸はどんなことが期待できるのか?

国際統合ガン学会(SIO:SOCIETY FOR INTEGRATIVE ONCOLOGY ニューヨークのスローンケタリング記念がんセンターと、ヒューストンのテキサス大学MDアンダーソンがんセンターが中心となっている))が定める「がん統合医療ガイドライン」では、鍼灸への期待の高さがうかがえます。

◆ガンによる痛みの緩和(疼痛コントロール)

◆一部手術後の運動機能不全

◆抗ガン剤や放射線治療による副作用の緩和

◆胃腸障害など体調不良の改善

とくにガン性疼痛は、補完療法としてSIOも推奨しています。この他にも鍼灸治療単独や温熱療法との併用で免疫機能が改善するという報告もあります。また一部胸水・腹水や足の浮腫の緩和など水分代謝改善の例もあります。





ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ