困った時の様々なガン療法

栄養療法

栄養療法

栄養医学に基づき栄養素でガンの病態改善を目指す!

私自身、最初に「栄養療法」という言葉を耳にしたとき、食事療法の一種というイメージを超えることはありませんでした。いうなれば、養生法や健康法の一つという概念でとらえていたのです。栄養療法は確かにそのような役割も持ち、食事療法と共通する部分は多々あります。

しかしながら、栄養療法の取材を進めてみると、食事療法と比べ人体に栄養素面から積極的なアプローチを仕掛ける手法であることがわかってきました。日常生活での食事は、私たちの体の素材として最低限摂取しなければならない必要物質です。これに対し栄養療法は、栄養素という分子を積極的に摂取することによって病態を改善することを目指します。

もちろんガン治療の場合、手術や抗ガン剤、放射線もしくはガンに直接的に作用する代替医療(免疫細胞療法や遺伝子療法)に取って代わるものではありません。栄養療法は分子レベルで体内環境を整え、遺伝子が描く正しい生命の設計図どおりの身体に回復させることを目的とします。人体を構成するひとつひとつの細胞が本来在るべきまっとうな形態を維持し、かつ正常な機能をすれば、病気は防げるし病気から回復しやすいという理論です。

この考えは病気を人体の異常と捉えるとわかりやすいでしょう。私たちには難解に聞こえる病名も、要するに人体のある部位が正常な状態から逸脱していることを表しています。ガンはそこに在るべき細胞とは異なる細胞が発生し増え、その部位が担当している正常な働きを妨げる。であるなら、本来在るべき細胞を再現すれば、人体を危険にさらすことはなくなるはずです。

標準的なガン治療は、存在すべきでないガン細胞を切り取る(手術)、毒殺する(抗ガン剤)、焼き殺す(放射線)ことで排除します。しかしその後も正常な細胞に分化する能力が損なわれていたら、正常に修復する機能や異物を排除する免疫能力が低下していたら、またガンという異常が発生してもおかしくはない。

「分子」というとわかりにくいですが、「分子=栄養素」と置き換えれば私たちに馴染みのある物質になります。人間など動物は自ら栄養素を作り出すことができません。すべて外部から摂取しなくては生きていけません。(そのため動物は「従属栄養生物」と呼ばれる。これに対し有機分子を二酸化炭素から合成できるの植物のことを「独立栄養生物」と呼ぶ)

人間は外部より摂取した栄養素(アミノ酸・糖・ビタミン・ミネラル・脂肪酸など)を材料として細胞をつくります。しかしご承知のように一度できあがったら、ずっと同じ細胞で一生を過ごすわけではありません。壊して作り、壊して作りを繰り返します。(新陳代謝) そのためには適切な種類と量の栄養素が必要です。

病気のような異常事態では細胞の分子(栄養素)レベルもバランスが崩れているはず。その分子バランスを正常に戻すことで、治癒しやすい体内環境に整えるのが栄養療法です。

【関連記事】
無料レポート「ガンでは死なない! 栄養代謝障害を見逃すな!」


◆栄養療法の資料を希望される方はこちらから!


◆オーソモレキュラー療法(栄養療法)のサイト








ガン克服レポートガン克服資料

ガン克服テキスト

◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ