HOME > 情報を集める > 困った時の様々なガン療法 > 栄養療法 > ハーモニックニュートリション

困った時の様々なガン療法

栄養療法

ハーモニックニュートリション

「正常な代謝」を取り戻すための健康法!
酵素栄養学をベースにした健康的な食事法。加えて、地球環境に基づいた農産物、加工食品、調味料などの食品の選び方、使用法、調理法を学ぶ実践的な栄養学です。

酵素栄養学が目指す「健康体」は、人間本来の“正常な代謝”です。

【代謝(新陳代謝)】=生命を維持するためのエネルギーの獲得、有機材料を合成するために体内で起るすべての生化学反応の総称。

別の言い方をすると、
「基本的な生命の営み(栄養摂取・分解・エネルギー産生・合成・循環・排泄など)」
「細胞のスムーズな入れ替わり」
という表現に置き換えることができます。

この営みの各局面で欠かせないのが、「酵素」です。専門職人のように、体内で仕分けした素材から必要なパーツに加工したり、生命活動の推進役として日夜働いています。

酵素は、私たちの体内で作られる体内酵素(潜在酵素)と、外部から取り入れる食物酵素に分けられます。さらに潜在酵素は、消化酵素と代謝酵素の2つに分類されます。

【消化酵素】:食物を消化する
【代謝酵素】:人体活動(エネルギー産生、体を動かす、呼吸する、免疫、修復など)

そして、1日に体内で作られる酵素量には、上限があるとされています。(個人差あり) ところが、現代は“正常な代謝”を損なう生活になりがちです。食べ過ぎ・飲み過ぎ、農薬を散布した作物、化学物質・添加物で加工された食品などは、飲食で消化酵素を膨大に費やしてしまい、さらに解毒のため酵素を浪費しなくてはなりません。すると、正常な代謝のための酵素の産生枠が減ってしまいます。そのため、細胞の修復、体の回復、内臓活動などに支障が発生し、発病を抑えられなくなります。

健康を維持したり、病気が癒える体内環境は、回復に関わる代謝酵素が活躍しやすい環境です。また、そのような体内環境がベースにあれば、様々な治療法(標準治療、代替治療)の効果が発現しやすく、かつ体へのダメージが軽減されることが期待できます。

ハーモニックニュートリションは、滝野清さん(NPO法人 日本酵素栄養学協会 筆頭理事、酵素栄養学認定講師、なごみコーポレーション 代表)が講座を開設し、一般の方が学べる場を提供されています。



ハーモニックニュートリション講座
ハーモニックニュートリション講座を主催される滝野清さん


ハーモニックニュートリション,なごみコーポレーション
ハーモニックニュートリションのテキストを手にする滝野清さん(左)と編集長




ハーモニックニュートリション

(↑)滝野さんの奥様(和世さん) 酵素食のワークショップ「酵素deクッキング」の講師もされています(詳細はこちら!)

テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ