困った時の様々なガン療法

手技療法

整膚(せいふ)

皮膚をつまみ引っ張る健康法
整膚(せいふ)は、考案されて20年ほどの新しい手技健康法です。

伝統的な手技療法である整体、指圧、マッサージ、カイロプラクティックなどとの大きな相違は、「皮膚をつまみ引っ張る」という施術法です。

考案者である徐堅氏が22年前に名古屋留学中、スポーツ選手の体のケアとして手がけたのが始まりです。名称と考案者が中国の方なので、中国伝統医学の一療法と思っていました。ところが、「気血の流れをよくする」など整膚を表現するにあたり中国伝統医学の用語を用いるものの、その手技手法はオリジナルなものだそうです。

指圧やマッサージのように皮膚面を圧するのではなく、皮膚を引っ張り上げる。徐堅氏はそれを「土のように体を耕す」と表し、整膚の理念に掲げています。皮膚を引っ張り上げることで、皮下の通気性をよくし、気血の流れがよくなる。整膚は指だけでできる、いたってシンプルな健康法です。

近年は、ドクターや看護師など医療関係者からも支持が出始めています。基礎代謝向上、体温向上、血流改善、副交感神経刺激、痛みの緩和などの作用が考えられています。


◆ドクターのコメント

◆整膚で養生されているガン体験(大腸ガン・肝臓転移)のある看護師の記事
・体験談

・患者会主催の整膚講座


整膚



自分で手軽にできること、ご家族が患者さん本人に施す場合も労力が不要なのは大きなメリットです。







◆ガン克服に役立つ『無料レポート』はこちらから!

◆ガン克服の資料請求(無料)はこちらから!

◆各種ご相談はこちらから!

◆ガン克服に役立つテキストはこちらから!


テキスト購入 無料レポート 資料請求

この記事の関連キーワード
ページトップへ